個人輸出入(仕事)

おひとりさまフリーランスのデメリット

おひとりさまフリーランスのデメリット

こんにちは、ナカシン(@nakashin2018)です。

第1回目のブログではおひとりさまフリーランスのメリットを書いてみました。

私にとって最大のメリットを挙げるなら、全て自分に決定権があるってことですかね。サラリーマン時代は給料のために会社や上司の方針に従って動くだけでした。

でも起業後は、自分で考えて決めた仕事をし、そこから得られる収入で自由な一人暮らしを始めることに成功。

 

生活面でも誰かと合わせる必要がなくマイペースでやっております。

会社員時代と比べて安定感や将来の保証は今もこの先もありませんが、ストレスの少ない日常を送れる方が私にはずっと価値があります。

自分の好きな仕事をして自由な生活を送る。これからもおひとりさまフリーランスを継続していきます。

ナカシン
ナカシン
でも、もちろん楽しい事ばかりではないので、今日は反対にデメリットも紹介しておくね。
セイヤ
セイヤ
僕も会社を辞めてフリーランス生活を夢見ています。メリットとデメリットを事前に知っておきたいですね。

 

おひとりさまフリーランスのイメージ

まず初めに「おひとりさまフリーランス」についてどういうイメージを持っていますか?

もしあなたの友達や家族がフリーランスで仕事をしていて、さらに独身一人暮らしのおひとりさま生活を送っているとしたら

  • ひとりで稼げるってことは高いスキルを持ってそう
  • 仕事もプライベートも自由でうらやましい
  • お金が貯まってそう
  • 人間的に問題がありそう
  • 会社で使えなかった人、または結婚できない人

などプラスとマイナスの両方のイメージを思い浮かべると思います。

 

フリーランスといっても職業は様々でライター、エンジニア、デザイナーのような、専門的なスキルで勝負している人は言葉の響きがよく好印象ですよね?

独身おひとりさまだと聞かされても「いかにも職人っぽくて素敵」となります。

 

一方、私のようなネット起業家はどういう仕事をしているのかイメージがわかず、まだまだ職業としても世間一般的に広く認知されていません。

さらにおひとりさまだと「あやしい仕事しているから結婚できないんだろ?」と悪い印象を持たれてしまいます。

ナカシン
ナカシン
実際に「仕事は何をしているのですか?」と聞かれると、ネット起業家ですと答えるのが少し恥ずかしい。
セイヤ
セイヤ
確かにちょっと怪しい感じはしますね。

 

アフィリエイト、株、FX、ネット通販で生計を立てることは何も悪くありませんが、残業や休日出勤が美徳とされる日本では、どうしても楽して稼ぐイメージが残ります。

したがって、もしあなたがフリーランサーになっても仕事によっては家族、親戚、友人や初対面の人から白い目で見られることがあると理解しておきましょう。

 

おひとりさまフリーランスのデメリット

次に、デメリットを具体的に見ていきたいと思います。

  1. 収入の安定化に時間を要し、それを維持するのが大変
  2. 全て自分でしなければならない
  3. 自由というメリットがデメリットにもなる
  4. 詐欺や投資話、セールスの電話、メールが増える
  5. 社会的信用がない

 

収入の安定化に時間を要し、それを維持するのが大変

会社員の場合は入社直後でまだ戦力になっていない研修中や試用期間でも、拘束された分、毎月きっちりと給料が支払われます。

退職するか解雇などで離職でもしない限り、一定の賃金を貰い続けることができます。

 

しかし、フリーランスに転身すると最初からおひとりさま生活を送れるぐらい稼げることは稀で、ほとんどの人は月5万円にも届きません。

特にネットビジネスの世界ではオークションは別として、ネットショップやアフィリエイトで起業すると最初はみんな0円。

よくサイトを作れば簡単に商品が売れると勘違いしている人がいますが、現在ライバルがひしめき合っている状態で1円も稼げず脱落する者も多数存在します。

 

収入0円から抜け出すが一番難しく、ある程度の時間を要するのです。

例え地道に努力を重ねてサラリーマン並みに稼ぐことができるようになったとしても、それを毎月、毎年継続できなければ食べて行くことはできません。

フリーランスで成功するのは本当に大変なことなのです。

ナカシン
ナカシン
だから私は安定した会社員をしている人に、安易な気持ちで脱サラして起業することは勧めません。
セイヤ
セイヤ
まずは副業からスタートするのが賢そうですね。

全て自分でしなければならない

おひとりさまフリーランスは自由な分、やることはいくらでもあります。

仕事はもちろんのこと、日常生活では買物、食事の用意、後片付け、掃除、洗濯など家事もすべてあなたひとりでこなさなければなりません。

会社勤めでしたら仕事でミスをしても、上司や同僚が助けてくれることがあるでしょうし、損失を出したからといっていきなり給料がカットされることもないと思います。

 

また実生活でも親や、配偶者、またはパートナーと同居していれば、家事を全般的にやってくれたり、分担して負担を軽減することも可能です。

しかし、おひとりさまフリーランスは仕事もプライベートも一人。長時間働いても利益が出なければ収入にはならず、生活面もサポートはありません。

ナカシン
ナカシン
経済力に加えて家事力も必要になってくるんだよ。
セイヤ
セイヤ
いまから自立心を養わないと。

 

さらに、これまで会社員時代には無縁だった税金の計算という大仕事もあります。

日々帳簿付けをして所得税と消費税を算出し確定申告をしなければならないし、国民年金、国民健康保険、事業税なども自分で納めることになります。

 

お金があれば食事は全て外食、掃除や洗濯も家事代行サービスを使うという手もあります。

納税に関しても税理士にお願いすればいいのですが、最初から全て外注するのはお金の面から現実的で賢い方法とは言えません。

自由というメリットがデメリットにもなる

起業をするとあなたが社長であり当然すべての責任を負うことになります。

おひとりさまで好きな時間に好きな仕事をするのは大きなメリットでもありますが、自由に何でもできるのは逆にデメリットにもなり得ます。

 

誰にも何も言われないため、意志の弱い人や中途半端な気持ちで起業した人は、様々な誘惑に負けてサボり癖がついてしまう傾向にあります。

特にブラック企業のような劣悪な労働環境に嫌気がさしてフリーランスになると、それまでの時間的拘束や人間関係から一気に解放されて自由の身となります。

セイヤ
セイヤ
急に緊張感がなくなって、燃え尽き症候群になるんですね。
ナカシン
ナカシン
私が働いていた会社はブラック企業ってほどではなかったけど、起業当初はストレスから解放されてダラダラと過ごしていたね。

 

両親と同居するパラサイトシングルだったこともあって、今すぐに稼げなくても衣食住には困らずそれが怠ける原因となっていました。

さすがにこのままではダメだと思い、独立しておひとりさまになることを目標とし、現在の「おひとりさまフリーランス」の生活を手にすることができたのです。

 

リフレッシュのための息抜きは必要ですが、度を超すと家賃は払えず、電気、ガスも止められる事態に陥るかも知れません。

なので、ほどほどにしましょうね。

詐欺や投資話、セールスの電話、メールが増える

起業すると仕事を得るために、ホームページを作ったり、名刺を用意したり、お金をかけて広告を掲載したりすることが想定されます。

自分で作成することもあれば、専門の業者に依頼することもあるでしょう。

 

サイトには代表者の名前、電話番号、メールアドレスなどの個人情報を掲載する義務があり業者に外注する際もそれらの情報を提供しなければなりません。

するとあなたの個人情報がネットに流れ、業者の顧客リストとして利用され、様々なメールや電話が毎日のように届くようになります。

 

私が受けた代表的なものは

  • 収益用マンションの投資話
  • 電話営業によるSEO対策などのネット広告
  • アマゾンや楽天市場などからの出店勧誘電話
  • 海外からの偽ブランド品セールスメール

フリーランスで仕事をする限り、これらの営業電話や迷惑メールは避けられないので、怪しい電話番号を着信拒否したり迷惑メールフォルダに振り分けて対応しましょう。

もちろんビジネスに関連があって興味のあるセールスは聞いてください。

 

不要な電話やメールは対応しても貴重な時間の無駄になるので、私は過去の経験から下記のような対策を取るようにしています。

  • 固定電話はナンバーディスプレイを契約
  • フリーダイヤル、東京都、非通知、携帯からの電話には出ない
  • 業者からの電話は「間に合ってます」と言ってすぐ切る
  • 迷惑メールはフォルダに振り分ける
  • 「特定商取引法に基づく表示」を画像で掲載する

事業をされている人の多くは固定電話をオフィスに導入していると思いますが、ナンバーディスプレイ(番号表示)サービスを契約してください。

オプション料金で恐らく月400円ぐらいだと思います。

 

これにより、電話に出る前にかけてきた相手の電話番号がわかるようになり、電話に出られなかった場合は、着信履歴が残るようになります。

ナカシン
ナカシン
お客様以外でかかってくる不要な電話のほとんどがフリーダイヤル、東京都、非通知、または携帯の番号なんだよ。
セイヤ
セイヤ
ディスプレイで番号を確認して出るか決めるんですね。
ナカシン
ナカシン
そう。で、上記の番号だったら1度目は取らない。もし2回目も同じ番号からならその時は出る流れ。
セイヤ
セイヤ
セールスの電話だったらどうするんですか?
ナカシン
ナカシン
最初に「何かのセールスですか?」と聞く。相手は「そうです」と言うので「間に合ってます」と返して切る。
ナカシン
ナカシン
営業トークまで持っていかせないのがポイント!!

 

あと、迷惑メールはそれ専用のフォルダーに振り分けて即削除し、万が一開いてしまった場合は、迷惑メールに貼られているリンクはクリックしないこと!

ウイルスが仕組まれていたり、フィッシングサイトに飛ばされる可能性があります。

 

特定商取引法の画像については文字列で表示すると個人情報を自動収集して、迷惑メールを送ることができるツールがあるのでそれを避けるためです。

ナカシン
ナカシン
これらの対策でかなり無駄な時間のロスを防げるんだ。

社会的信用がない

会社員や公務員と比較すると、フリーランスはどの職種でも収入が不安定なため、社会的に信用を得るのが難しい状況にあるといえます。

特に私のようにネットオンリーで仕事をしているフリーランサーは、「怪しい、詐欺だ」というイメージが根強いためより社会的な信用が低いのが現実です。

 

国民年金で会社員のように福利厚生も賞与も退職金もなく常に将来が不安。クレジットカードの審査も通りにくいし、ローンを組むのも一筋縄ではいきません

だから、結婚しないでおひとりさま生活を楽しむ方法を模索しているのかも知れませんね。

 

1つ言えることは結婚を考えているなら会社員や公務員の方が有利だということです。

例えば、あなたが女性でお見合いパーティーに参加したとしましょう。年齢は25歳、同じぐらいのルックスで性格もよい3人の男性に出会います。

 

さて、結婚するならどの人を選びますか?

  1. 年収400万円の警察官
  2. 年収500万円の中小企業会社員
  3. 年収600万円のヤフオクで稼ぐネット起業家
セイヤ
セイヤ
僕が女性の立場なら1番目の警察官を選びます。
ナカシン
ナカシン
そうだね。普通の感覚なら現段階での収入が低くても、警察官という安定した仕事に就いている1番目の彼を選ぶと思う。

 

警察官なら公務員のため、不祥事でも起こさない限りリストラされないし、社会的信用が高いため結婚して家を買うにしてもローンが容易に組めます。

旦那が給料安定の公務員、しかも警察官だと周りに自慢もできるしね。

 

会社員のように業績が赤字続きでボーナスがカットされることもありません。現段階で収入の多い会社員や自営業者よりも公務員を結婚相手に選ぶのも当然です。

したがって、会社員や公務員のように安定した生活を捨ててフリーランスになることは、かなりのリスクも伴うことを事前によく考える必要があります。

 

おひとりさまフリーランスのデメリット:最後に

以上、おひとりさまフリーランスのデメリットでした。

おひとりさまフリーランスには多くのメリットがありますが、逆にそれらがデメリットにもなってあなたの人生を悪化させる可能性もあることを理解して頂いたと思います。

 

  1. 収入の安定化と維持
  2. 何事も自分で意思決定し解決する能力が必要
  3. 社会的信用の問題

 

特にこの3点はフリーランサーであれば誰にとっても大きな障害となります。クリアできればおひとりさまフリーランスで生き抜くことができると思います。