個人輸出入(仕事)

Googleアドセンス審査に1回で合格した方法【2019年4月5日版】

Googleアドセンス審査に1回で合格した方法

こんにちは、ナカシン(@nakashin2018)です。

当ブログがGoogleアドセンスの審査に1回で合格しましたので、今日はその合格体験談を書いていこうと思います。

4月4日の18時ごろに申し込んで、翌5日の午前9時に「お客様のサイトで AdSense 広告を配信する準備が整いました」の通知メールが届きました。

 

一発合格を目指していたので、通知が来たときはメチャクチャうれしかったですね。

 

セイヤ
セイヤ
質問で~す。アドセンスって何のことでしょうか?
ナカシン
ナカシン
Googleが提供しているWeb広告サービスのことで、サイトにコードを貼ると内容に合う広告が自動的に表示される。
ナカシン
ナカシン
で、訪問者がその広告をクリックすることで、ホームページやブログの運営者に報酬が入る仕組みのことだよ。

 

今回、なぜGoogleアドセンス審査の合格体験記を書くことにしたのかと言うと、実はこれ現在審査がメチャクチャ厳しくて、20回以上落ちる人もいるからなんです。

以前は無料ブログでの申請も可能で、審査自体もそれほど難しくはありませんでした。

ところが、2018年の秋ぐらいから急に厳しくなって通過しない人が続出。私の知人もその一人ですでに15回以上は落ちております。

そこでちょっと私もブログを新たに立ち上げて、アドセンス審査に挑戦したわけです。

結果、見事1回目の審査で合格してわかったことはGoogleの意図をきちんと理解して、サイト設計すれば問題なく通るということです。

 

Googleアドセンス審査一発合格時の状況

最初にアドセンス審査に合格した時のブログのスクリーンショットです。WordPress用のテーマ「JIN」のデモサイト1のスタイルを使用しました。

 

Googleアドセンス審査に1回で合格した方法2 Googleアドセンス審査に1回で合格した方法3 Googleアドセンス審査に1回で合格した方法4

 

3つの画像を無理やりくっつけたので、少しずれております。

審査通過後にうれしさのあまり、早速広告コードを貼って見たところ、トップページの4つ目の枠に広告が自動で表示されているのを確認しました。

ナカシン
ナカシン
この広告はサイトにアクセスするたびに別の広告に変わるという仕組みです。

合格時のブログ詳細

次に合格した時のブログ詳細を表にまとめてみました。

ブログソフトウェア WordPress(ワードプレス)
テーマ JIN
ドメイン VALUE DOMAIN(2019年1月11日登録)
サーバー エックスサーバー
カテゴリー数 3カテゴリー(基礎知識、枚方市樟葉、生活術)
ブログ投稿記事数 7記事(平均4,300文字)
初投稿日 2019年2月17日
審査前最後の投稿日 2019年4月4日
固定ページ お問い合わせ、プライバシーポリシー、免責事項、自己紹介

アドセンスやアフィリエイトでサイト収益を上げることが最終目標なので、ブログソフトウェアはカスタマイズの自由度が高いWordPressを導入しました。

ドメインはVALUE DOMAIN、サーバーはエックスサーバーを利用し、WordPressのテーマは有料のJINを購入してブログを作っております。

審査に通過するための記事数については、以前なら30記事が目安と言われていましたが、質の高いサイトに仕上げれば、3カテゴリー7記事程度でもOKでした。

各記事の文字数については2,000文字以上を目安に記事の作成に取り組みました。

まあ、サイトの質を追求すれば自然と3,000文字は超えると思います。1記事1,500文字を切るようであれば、情報量が不十分なのではないでしょうか?

合格時のブログ記事と固定ページ一覧

では、アドセンス審査に一発合格したブログ記事と固定ページを見て頂きましょう。ブログの投稿が7記事と固定ページを4つ作って審査に合格しました。

ブログの記事と自己紹介は時間をかけて書き上げましたが、「お問い合わせフォーム」はContact Form 7を使って数分で作成しました。

「プライバシーポリシー」と「免責事項」はJINにあったひな形をそのまま利用。

日付と名前を足した程度で、文章自体はJINのテンプレートを全くいじることなく、リライトも語尾を変えることもせずに申請しました。

ナカシン
ナカシン
ブログ記事と自己紹介を手を抜かずに書けば、後のページはとりあえず設置する程度でも大丈夫だと思うよ。

初投稿から審査日までのアクセス数

ブログのアクセス数はどうだったのかと言うと、初投稿の2019年2月17日から審査に申し込んだ4月4日まで訪問者はたった5人!!

4月4日の2件は海外からで、恐らくアドセンスの審査をするために、Googleの担当者がアクセスしたものと思われますので実質的には3件です。

 

まあ、ブログを立ち上げてからまだ2ヵ月も経過しておらず、検索エンジンにも認識されていないので、アクセスが来ないのも無理はありません。

しかし、それでも審査に通過したということは、作って間もないブログで検索結果にヒットしないレベルでも、中身が良ければ合格するということになります。

アドセンスの審査に合格するか否かは、単にブログの質だと確信しました。

 

Googleアドセンス審査一発合格に向けた対策

Googleアドセンス審査に1回で合格した方法6

私がGoogleアドセンスの審査に合格した時の状況を理解して頂いたと思いますので、ここからは合格するために行った対策を解説していきます。

審査落ちの原因を探る

まずは、どういった理由で審査落ちするのかその原因を知る必要がありますね。

そもそもなぜ私がアドセンスに申請することになったかと言うと、知り合いが15回以上落ちていて、その原因を一緒に探る機会を頂いたからです。

長年オークションやネットショップを運営してきた経験から、広告の審査ぐらい簡単だろうと思っていたのですが、実際はそうではありませんでした。

 

で、通らない原因を探るために知人のGoogle画面を見せてもらうと

価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)について

AdSenseのプログラムポリシーに記載されている通り、ユーザーにとって価値がほとんどないページや広告の比率が高すぎるページにはGoogle広告が表示されません。これには、第三者が提供するコンテンツに付加価値を付けずに、コンテンツをコピーまたはリライトしたページが含まれます。

の表示が出ていました。

これを読む限りでは、ブログにアフィリエイト広告を貼っていたり、記事が他のブログと似ていてコピペと判断されたことが原因かな~と思いますよね?

私たちもそう思って早速、アフィリ広告をなくしツールを使ってコピペチェック。その後、再度申請をしましたが、結果は変わらず価値の低い広告枠で不合格!!

セイヤ
セイヤ
どのようなブログを運営していたのですか?
ナカシン
ナカシン
ブログは雑記ブログで購入して使った商品レビューや、家電や家の修理したDIYの情報を配信する内容だったね。

とにかく思い当たるところを少しずつ変えて、何度も再申請しましたが結果は同じ。Googleアドセンスの審査が一筋縄ではいかないことを思い知らされます。

この段階で私も自らブログを立ち上げて、アドセンスに本気で挑むことにしました。

そしてブログを作るわけですが「価値の低い広告枠」で審査落ちしないためには、どなたかの力を借りるしか方法がないという結論に達します。

価値の低い広告枠をどう攻略?

コピペチェックをして問題がなくても、価値の低い広告枠で不合格が続くわけですから、Googleが求めているのはそんな低次元なレベルでないことは明らかでした。

そこでどうしたかと言うと、この問題を解決してくれる情報がないかネット検索です。

私たちと同じような悩みでアドセンスの審査に苦戦している人がいるはずだと思い、「価値の低い広告枠」と検索エンジンに入力して解決方法を探しました。

すると価値の低い広告枠対策や合格体験談ブログが多数ヒットしました。

 

ナカシン
ナカシン
その中で偶然ある一つのブログ記事を見つけたんだ。

運営者は吉田航基さんという方で、アドセンス審査に18回挑戦して2019年の1月6日に合格を勝ち取ったそうです。

ちょうど同じ時期に同じ問題でアドセンス審査に苦戦したこと、テーマも同じJINということもあって、これが問題の解決策だと確信しました。

 

で、実際に読んでみると

吉田航基さんのアドセンス対策記事は20,000文字の超大作で情報は2019年の最新版、失敗談を含む合格までのプロセスが事細かに書かれていて衝撃を受けました。

他のどのブログよりも詳しく、時系列で丁寧に書かれており決して裏技や小手先のテクニックではなく実践的な説得力のある内容です。

ナカシン
ナカシン
私はこの記事のみを参考にブログを構築して、アドセンス審査に1回で合格することができました。

現在、あなたがもし価値の低い広告枠が理由で審査に何度も落ちているなら、吉田航基さんのアドセンス対策記事を読んで、書かれている通りに実践して下さい。

恐らく合格のために何が欠けているのか見えてくると思います。

もしこの記事を参考にしてブログを作っても合格できないようなら、単に内容を理解していないか、自己流に解釈していると言わざるを得ません。

そう断言できるぐらい素晴らしい記事でした。

吉田航基さんの合格体験記を読んでから

吉田航基さんのブログひよこは旅をするのアドセンス対策記事を読んでから、私は価値の低い広告枠で不合格とならずに一発合格するためのブログ設計をしました。

そして、下記の10項目を意識してブログ作成に取り掛かります。

アドセンス一発合格の秘策
  • 読者のターゲットを絞った特化ブログにする
  • タイトルはブログの内容がわかるものにする
  • ブログのカテゴリーは3つ
  • 7記事を投稿した段階で審査に応募する
  • 記事はそれぞれ3,000文字以上書く
  • 内容は「役に立つ情報のまとめ」と「体験談」で構成
  • 記事同士を関連付けてストーリーっぽくする
  • 自己紹介は読者に共感を与える書き方にする
  • プライバシーポリシー、お問い合わせを設置
  • NGワードを削除する

重要なのは記事の質(独自性、役に立つ記事、特化)との教えでしたので、ターゲットを絞った特化型でタイトル名だけで内容がわかるブログにする。

独自性は地元ネタ、役に立つ記事は体験談を取り入れることにします。

記事数は3~10がベストと書かれていました。私は7記事で一度、審査にかけてみてダメだったらその時考えることにします。

コンテンツはバラバラな内容ではなく、7記事全体が一本の線として順番に話が展開していくような流れに持っていこうと考えました。

ナカシン
ナカシン
あと自己紹介ページは気合を入れて書きましたね。

趣味や特技などありきたりな内容を単に箇条書きで並べるのではなく、可能な限り個人情報を出して共感や興味を持って頂けるような構成にする。

最後に「価値の低い広告枠」を突破しても、「ポリシー違反」で不合格となることもあるとのことでしたのでNGワードに引っかからないように気をつけます。

 


アドセンス審査に合格できるブログ作成手順

ここまでの過程でアドセンス審査合格に向けた基本的な準備は完了しました。では、実際にブログを作って審査に申請する手順を紹介していきます。

読者のターゲットを設定する

アドセンスの審査に合格する確率が高いのは特化ブログですので、どのような読者にブログを読んでほしいのかということを明確にしないといけません。

そこで、読者のターゲットを設定してからブログのタイトルを決めましょう。

私は独身一人暮らしで、仕事はネット個人輸出入のフリーランスです。少し特殊な人間なので、自分の生き方や生活状況をブログのテーマにすることにしました。

ナカシン
ナカシン
読者のメインターゲットは一人暮らしで独身、かつフリーランサー(個人事業主)。

同じ境遇の方にとって役に立つ内容の記事を配信することを目指して日々の生活術、節約方法、趣味、旅行記、健康法、そして仕事をネタにします。

一見、雑記ブログのように見えますが読者層が限定されていますので、特化型のブログとしても勝負ができるのです。

やってはいけないのが、読者ターゲットを設定せずブログのコンセプトも決めずに、雑記ブログとして自分の好きなことを好きなように書いていくようなブログです。

これだと単なる日記になってしまってアドセンス審査に合格することは難しいでしょう。

ブログタイトルを決める

読者のターゲット設定ができたら、ブログのタイトルを考えます。

「覚えやすいタイトル」もしくは「キーワードを意識したタイトル」のどちらかを選ぶのが一般的ですが、私は特化ブログのためキーワード重視で行きました。

ターゲットが一人暮らし、独身、フリーランスなので2つのビッグキーワードを合わせた「おひとりさまフリーランス」をまず採用。

「おひとりさま」「フリーランス」と単体ワードで検索すると競合が多いですが、この2つを合わせるとヒット件数が約187,000件と少なく容易に検索上位を狙えます。

あとは語尾をどうするか悩んだ末、「生き抜く」を足すことにしました。

「自分の家族がいないおひとりさまでも、不安定なフリーランスでも厳しい世の中を生き抜く」というメッセージを込めた理想的なタイトルの完成です。

ブログタイトル:おひとりさまフリーランスを生き抜く

「おひとりさま」「フリーランス」という2つのビッグキーワードを入れて、複合キーワード検索で1位になることを意識しました。また、タイトルを見ただけでブログの内容がわかるようにしたかったのです。

自己紹介ページの作成

ブログタイトルができたら、今度は自己紹介ページの作成へと移ります。

読者の立場になって考えると何かしらの悩み、知りたい情報などがあってそれを解決するためにネットでキーワード検索し、調べるという行動をとります。

もし、あなたのブログ記事によって読者の悩みや問題を解決できれば、「どんな人が記事を書いているのだろう?」と管理人に興味を持つに違いありません。

記事を読んでから自己紹介ページを見てもらえる可能性が高いので、せっかく捕まえた読者を逃さないようなプロフィール内容に仕上げてください。

 

私の書き方はプロフィール、趣味、特技を簡単な箇条書きにするのではなく、下記の項目をストーリー展開にして共感を持ってもらえるような内容にしました。

  • どういった方にブログを読んで頂きたいのか?
  • どうのような情報を配信するのか?
  • なぜこのようなブログをやっているのか?
  • 読者になることで得られるメリット
  • 好きな物や興味のあること
  • 管理人の過去、現在、今後の目標

それと、工夫というかリアリティを出すという狙いで、他の人があまりやっていない出身地や居住地を含む生い立ちを公開しています。

ナカシン
ナカシン
地元ネタは限定されるのでライバルが少なく、独自性を出す意味で効果があると思いますよ。
セイヤ
セイヤ
確かに枚方市樟葉の話なんてマニアックすぎて一部の人にしかわかならいですね。

固定ページの作成

自己紹介を書き終えたら、それ以外の固定ページを作成していきます。私が作成したのは最低限あった方がいい下記の3ページになります。

「お問い合わせフォーム」「プライバシーポリシー」「免責事項」ともに、新たに記事や文章を書いたりする必要はありませんので、ここは楽に進められます。

お問い合わせはWordPressのプラグインContact Form 7で作成しました。

プライバシーポリシーと免責事項は当ブログで利用している、WordPressテーマJINにデフォルトで備わっていたひな形を使っております。

吉田航基さんの記事によると、「コンテンツの複製の理由を警戒して、PDFにしたけどそれでも価値の低い広告枠で審査落ちした」経験があるそうです。

つまり、コピーでもPDFでも審査にはそれほど関係ないようですね。

どうしても他のブログと類似した内容になってしまうページなので、私もブログと記事の質さえ高ければアドセンス審査には問題なく合格すると思います。

ブログカテゴリーを作って記事を書く

これで基本的なブログ構成は完成しましたので、あとはカテゴリーを作って記事をいくつか書いて、アドセンスの審査に申請する感じになります。

私は一発で確実に合格するために、吉田航基さんの記事で解説されている通りカテゴリー数3つ、記事数は7記事前後に収まるような展開にしました。

一人暮らしで尚且つ仕事はフリーランスの方を対象とした特化ブログにして、カテゴリーは(基礎知識、枚方市樟葉、生活術)の3つを作成。

会社員を辞めて、フリーランスとなり家族との同居生活を卒業して一人暮らしを始めた経験から、その時の方法をレクチャーする内容にしました。

基礎知識としておひとりさま(フリーランスのメリット、デメリット、向いてる人、会社員のうちに準備しておくこと)を4記事で順番に説明しています。

それから実際にフリーランスが賃貸マンションを借りる際の注意点やポイントを、2記事書いて生活術のカテゴリーに入れました。

ナカシン
ナカシン
最後に樟葉で賃貸契約した体験談を書いて、一通り話をまとめてから審査に出したのです。

 

記事の書き方についても吉田航基さんのブログ解説に従って、特化した内容、独自性、役に立つ記事を書くよう意識しました。

全7記事を関連付けて点を1本の線にしたのが良かったのかも知れません。

役に立つ記事という部分では、自分の経験から得た知識や考えを、おひとりさまフリーランスを始める初心者に説明することを心がけました。

ただ、知識の部分は他のブログとも被ることが多々ありますので、コピペではなく自分の言葉でまとめるのがポイントです。

 

独自性はやはり自身の体験談が有効でしょうね。

ナカシン
ナカシン
自己紹介と記事でこの独自性を強調するために、枚方市樟葉の話を何度も登場させました。

体験談も単にフリーランスで賃貸契約をする方法を記事にするのではなく、「枚方市樟葉でフリーランスが賃貸する」と限定しております。

なかなかオリジナルな記事が書けなくて独自性が出せないとお悩みの方は、自分の住んでいる地域の情報を書いてみてはどうでしょうか?

地域限定の情報を書けばそれだけでオリジナルなブログになりますし、検索上位に表示することも容易でSEO的にも有効です。

NGワードを探して削除する

ブログ記事が書けたら、いよいよGoogleアドセンス審査を申請するわけですが、その前にNGワードがないかチェックしておきましょう。

吉田航基さんのアドセンス対策記事によると「価値の低い広告枠」を乗り越えても、「ポリシー違反」で審査落ちが続くことがあるそうです。

これを読んで私は申請前に、自分のブログにNGワードをがないか調べることにしました。

NGワードは「site:自分のサイトURL+NGワード」で検索することができますので、順番に検索していってヒットしたものを削除してく形でOKです。

どんな言葉がNGワードかはAdsenseヘルプのページやGoogleやYahooで、検索すればその情報が得られると思います。

 

Googleアドセンス審査に1回で合格した方法:まとめ

以上、Googleアドセンス審査に1回で合格した方法でした。

結局のところ、2018年秋以降のアドセンス審査で合格するには裏技などなく、ブログと記事の質をGoogleの求める水準にまで上げるしか道はないということです。

記事数30以上、審査期間を空ける、コピペチェックツールを使うといった、小手先の手法では何時までたっても合格することはないでしょう。

最新のアドセンス審査に通過した合格体験談を読んでよく理解し、自分のブログに取り入れて構築していくのが一番簡単で確実な方法です。

 

私が一発合格のためにやった事と言えば

  1. ひよこは旅をするのアドセンス審査合格体験記を読む
  2. 書かれている内容をよく理解してブログを作る
  3. NGワードをチェックして応募

この3ステップのみです。

他のアドセンス合格体験談を調べることもせず、吉田航基さんの言葉を信じて、カテゴリー、記事数、ページ数を必要最小限に収めブログの質にこだわりました。

ただ、質を高めるには濃い情報を掲載する必要がありますし、文字数も自然と増えるので正直言って楽な作業ではありません。

それでも、ひよこは旅をするのアドセンス対策を参考にすれば、確実に合格するので審査落ちを繰り返している方は参考にして頂きたいと思います。