旅行

香港国際空港ビジネスクラスラウンジ「ザ・ウイング」体験記

香港国際空港ビジネスクラスラウンジ「ザ・ウイング」体験記

こんにちは、ナカシン(@nakashin2018)です。

今日は香港国際空港で乗り継ぎをしたときに利用した、キャセイパシフィック航空のビジネスクラスラウンジ「ザ・ウイング」の体験記を書いていきたいと思います。

キャセイパシフィック航空のビジネスクラスに搭乗すると香港で乗継便を待っている間に下記の4つのラウンジを利用することができます。

  • The Pier, First and Business(ザ・ピア)
  • The Bridge, Business(ザ・ブリッジ)
  • The Deck Business (ザ・デッキ)
  • The Wing, First and Business(ザ・ウイング)
ナカシン
ナカシン
これらのラウンジはどこでも選べてハシゴも可能。

各ラウンジではビュッフェ形式の軽食、ヌードルバー、ロングバー、コーヒーロフト、シャワールーム、ITゾーンなど充実したサービスが提供されています。

ですが、ラウンジによって微妙に設備が異なるのです。

私はペナン行きの乗継で「ザ・ブリッジ」に寄ったのですが、そこにはキャセイパシフィックラウンジのシンボル的存在であるヌードルバーがありませんでした。

なので、帰りはヌードルバーがある「ザ・ウイング」に行ってみることに。

「ザ・ウイング」はキャセイを代表するラウンジで、ヌードールバーの他にもロングバー、コーヒーロフト、シャワールームなど設備が充実しています。

そこで、この記事では「ザ・ウイング」に寄ったときの様子をレポートしていきます。

キャセイビジネスラウンジ「ザ・ウイング」について

まず最初に、香港国際空港にあるキャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジ「ザ・ウイング」の利用条件と場所を確認していきましょう。

利用条件

キャセイパシフィック航空はワンワールド加盟の航空会社です。

ビジネスクラス搭乗者だけではなく、マルコポーロクラブ(キャセイパシフィック航空の上級会員)やワンワールドの一部会員でも利用することができます。

これらの条件を満たしていれば、ラウンジは「ザ・ウイング」以外も利用できますし、時間的に余裕があれば全部回ることも可能。

ナカシン
ナカシン
ラウンジ間の移動は面倒なので、行きと帰りで別の所に行くのが個人的におすすめですけどね。

場所・営業時間

「ザ・ウイング」は香港空港の6階、1~4番搭乗ゲート付近にあります。

トランジットで立ち寄る場合は先に保安検査場で手荷物検査とボディチェックを受けてから、エスカレーターで上にあがり出発フロアの6階に出る。

それからは1~4と書かれた搭乗ゲートを目指して歩いていきましょう。

「CATHAY PACIFIC THE WING Business Class Lounge」の表示が見える場所が「ザ・ウイング」の入口です。

受付のスタッフに搭乗券を見せてください。

ラウンジは1階と2階に分かれているようなのですが、2階に案内されましたのでとりあえず上へ行ってみることに。

左のエレベーターで2階へ上がることも可能です。

営業時間は毎日で午前5:30~最終出発便まで。

 

「ザ・ウイング」ビジネスラウンジの設備(2F)

では、「ザ・ウイング」の設備やサービスを見ていきましょう。

1階でもくつろぐためのスペースや軽食はありますが、メインは2階でここにお目当てのヌードルバー、ロングバー、コーヒーロフトがあるのでまずは2階から攻略。

休憩スペース・個室専用ボックス・ロングバー

上へあがると最初にカウチやソファーの置かれた休憩スペースに入ります。

写真を撮影したのはラウンジを出る少し前の深夜0時頃なので人は少ないですが、入室した19時頃はかなり混んでいて座るスペースを見つけるのに苦労しました。

左側には食べ物や飲み物、壁を挟んだ右側には個室ボックスとロングバーがあります。

個室専用ボックスとロングバーです。

この写真も深夜の時間帯で、バーカウンターのお客さんは一人だけ。

バーテンダーは閉店間際の清掃でどっかに行ってしまいました。

20:30の時間帯の様子がこちら。

普段はこのようにスタッフが常駐しているので、ワインやカクテルなどのアルコール飲料を自由にオーダーすることができます。

ロングバーのサイドにはお酒の「あて」や「つまみ」も用意されています。

キャセイパシフィックラウンジのクッキーは美味しいので食べてみて下さい。

ちなみに私はアルコール飲料が飲めないため、ロングバーは利用せず個室専用ボックスでノートPCを広げて、仕事やネットサーフィンをしていました。

で、お腹がすいたらヌードルバーや軽食で腹を満たす楽しみ方ですね。

個室専用ボックスにはコンセント完備、ラウンジ専用の無料Wifiを使うこともできますので仕事をしているビジネスマンもちらほら見かけます。

香港のコンセントはイギリス、マレーシア、シンガポールと同じBFタイプのプラグ

こちらの海外変換マルチプラグであれば、ほぼ全世界の国に対応しているので旅行に出かける前にアマゾンなどでおくと便利です。

ロングバーから見て右側の奥にヌードルバー、コーヒーロフト、トイレがあります。

途中の通路の壁には新聞と雑誌コーナー。

その先に、搭乗案内のモニターが設置されています。

撮影時すでに深夜1時過ぎで、残る3便の最終1:50発の大阪行きが私の乗る飛行機。

コーヒーロフト

さて、コーヒーロフトからチェックしてみます。

閉店間際の写真ですが、こんな感じです。

別の角度からも1枚。この写真は数時間前なので人がたくさんいました。

反対側のカウンターには専任のバリスタがいますので、ここでオーダーすると美味しいコーヒーを入れてくれるシステムです。

コーヒーロフトのマシーンとメニュー表。

コーヒーと一緒にデザートやアイスクリームはいかがでしょうか?

ヌードルバー

いよいよヌードルバーに潜入です。

かなり広いスペースでバーというよりはレストランという感じですね。

20:00過ぎの写真ですが、2階入口の休憩スペースに比べるとお客さんは少なくていつでも注文することができました。

奥から入口側に向かって撮影した写真がこちら。

竹のインテリアがアジアっぽいですね。

カウンター席だけではなく団体やファミリー向けの席もあります。

トイレ

2階のトイレはヌードルバーに入る手前にあります。

男性用は大も小も個室が複数あるため、待たされることなくすんなりと用を足すことができました。

小便器。

こっちは大!!ウォシュレット付きではありませんが、海外にしては清潔な方かな。

洗面台も大理石で高級な造りです。

 


「ザ・ウイング」ビジネスラウンジの設備(1F)

続いて1階に降りてみることにしました。

1階にも休憩スペースがあって食べ物や飲み物も置いてはいましたが、2階のように充実した内容ではなかったです。

その代わり、シャワールームとパソコンが使えるITゾーンが目玉です。

休憩スペース・ITゾーン

写真は1階の廊下。

左が一番広いメインの休憩スペースで、右の手前が「Gallery」という名称のこちらも休憩できる部屋、右の奥がパソコンができるITゾーン。

通路をずっと奥に進むとシャワールームになります。

メインの休憩スペース。

カウチ、個室専用ボックス、テーブル席があり2階と比べると室内は暗くしているため、仮眠を取るには最適かも知れません。

休憩エリアの「Gallery」。

「Gallery」を日本語に訳すと「画廊」なので絵でも飾ってるのかと思いましたが、絵画はなく普通の休憩スペースでした。

Macのパソコンが置いてある「the IT Zone」です。

隣の席とは仕切りで分けられていますので、仕事をするのに集中できますね。

シャワールーム

1階のメイン施設のシャワールームがこちら。

受付をすると写真のようにスタッフの人がシャワールームまで案内してくれます。

写真だけ撮らせてもらいました。

ホテルのシャワールームと同じような感じで手前がトイレ、ガラス戸の奥がシャワールームになっています。

シャワールーム入口の洗面台。

ハンドソープ、ティッシュ、タオルが用意されていて、高級ホテルのような清潔感!!

ハンドタイプのシャワーですね。レインシャワーがあるのかは不明。

シャンプーとボディソープなどのアメニティーは全部揃っていますので、手ぶらで利用しても大丈夫です。

その他にも様々なアメニティーが無料で利用できるようですね。

アメニティーの一覧
  • デオドラント
  • ヘアーコーム
  • ヘアームース
  • ヘアースプレー
  • 剃刀
  • シェービングフォーム
  • スリッパ
  • 生理用ナプキン

 

「ザ・ウイング」の食事内容

今度は空港ラウンジで最も気になる、食事について紹介していきます。

「ザ・ウイング」では2階にヌードルバー、ロングバー、コーヒーロフトがあるため、食事をするならやはり2階に行きましょう。

個人的なおすすめの回り方は、次のような流れです。

  1. ヌードルバーで温かい麺類を注文
  2. ビュッフェの料理のつまみ食い
  3. コーヒーロフトでコーヒーやお茶を飲みながらデザート
  4. ロングバーでビール、ワイン、カクテル

ヌードルバー

食事は楽しみにしていたヌードルバーからスタートしました。

カウンターにメニュー表がありますので、その中から選んで店員にオーダーすると調理してくれるスタイルです。

ヌードルバーのメニュー表がこちら。ディムサム(点心)も注文できます。

日本のフードコートと同じシステムでアラームが鳴ったら料理を取りに行きます。

メニュー表の3番目、野菜ヌードルを注文してみることに。

カリフラワー、レンコン、マッシュルームなどが入っている麺類で味は絶品とまでは言えませんが、普通に美味しかったです。

ヌードルバーにはビュッフェ形式のホットミールも少し並んでました。

中をのぞくと、肉まんとシチューでしょうか?

こっちは何かご飯ものとスープだと思います。

コーヒーマシーンと紅茶。

ジュース類。

イギリスの高級紅茶JING TEA(ジンティー)が飲めます。

ビュッフェのメニュー(2F休憩スペース)

ビュッフェの食事を楽しむなら、2階の休憩スペースが一番種類が多くて充実していると思います。

ドリンク類はヌードルバーに置いてるのと同じでした。

ホットミールは牛肉のシチュー、トウモロコシ、ジャスミンライス。

グリーンカレーとグリーンピースのスープ。

サンドウィッチ、ハム、ローストビーフ。

パン、タルト、チョコレートブラウニー、チーズケーキ、クラッカー。

カットフルーツと野菜も少しありました。

ビュッフェのメニュー(1F休憩スペース)

1階休憩スペースのビュッフェがこちら。

品数は2階に比べると少ないですが、一通り揃っています。

ドリンクも2階とほぼ一緒。

日本を代表するアサヒスーパードライもあります。

ホットミールのメニューも2階と同じでした。

サンドイッチ、パン、クラッカー、ローストビーフ、ハム。

ジュース、ワイン、サラダ、カットフルーツ。

香港国際空港ビジネスクラスラウンジ「ザ・ウイング」体験記:最後に

以上、香港国際航空にあるキャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジの「ザ・ウイング」に初潜入した体験記でした。

今回の旅では「ザ・ブリッジ」「ザ・ウイング」の2つのラウンジに寄れました。

プライオリティパスを持っているのでカードラウンジは以前に利用したことがあったのですが、ビジネスクラスのラウンジはやはりワンランクレベルが上ですね。

香港国際空港には他にも「ザ・ピア」と「ザ・デッキ」があります。

次またキャセイパシフィック航空のビジネスクラスに乗れる機会があれば、この2つに行ってみようと思っています。