日常生活

京都三条の子鴨は京野菜、桜肉、鴨肉を味わえる隠れ家料理店!!

こんにちは、ナカシン(@nakashin2018)です。

先日、京都三条木屋町の京野菜、桜肉、鴨肉を楽しめる「子鴨」でディナーをしてきましたので今日はその時の体験をレポートさせて頂きます。

 

実は子鴨で食事をするのはこれが初めてでした。

お店は大通りから狭い路地に入ったところにあって店内は小さめでしたが、内装は綺麗で、オーナーさんの愛想もよく、料理もすごく美味しかったです。

写真撮影も許可して頂きましたので、早速ブログで紹介することにしました。

 

子鴨を知ったきっかけとは?

子鴨を知ったきっかけは、CS放送の旅チャンネルでした。

名前の通り旅行番組を24時間放送しているチャンネルで、この中の「京都よろづ観光帖」という番組で、鍛金職人行きつけの料理屋として子鴨が紹介されていたのです。

ナカシン
ナカシン
馬肉や鴨肉をあまり食べたことがないので、京都に行ったついでに絶対食べたいと思い予約したんだよ。

 

当日、「テレビ番組を見てきました。」とオーナーさんに伝えたところ、「取材は覚えてますけど、どの番組で放送されてるのかは知らないんです。」と言ってました。

 

子鴨の基本情報

  • 店名:子鴨
  • 住所:京都府京都市中京区河原町三条下ル大黒町46-1
  • 電話番号:050-5592-1782
  • 営業時間:18:00~22:00
  • 定休日:月曜日
  • 席数:16席(カウンター7席、テーブル2席)
  • 駐車場:無し
  • 支払い方法:現金、カード(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
  • ホームぺージ:http://ko-gamo.com/
  • 予約:食べログからネット予約するとTポイントが貯まります。

子鴨は京野菜、桜肉、鴨肉、そしてお酒を売りにした個人経営の料理屋です。

場所は少しわかりにくいんですが、京阪三条駅を降りて三条通りを西に直進。高瀬川を越えた最初の路地を左に曲がって、路地を抜けるまでの中間地点にあります。

ナカシン
ナカシン
三条駅から徒歩5分といったところでしょうか?

 

写真の突き当りが三条通りになります。

お店の前に「子鴨」と書かれた大きな木製の看板が出ているので、三条通りから路地に入ったら目に入ると思います。

 

店内は入って左手にカウンター7席、右手に2人掛けと4人掛けのテーブル席がある小さなお店で、おひとりさまやカップル、友人と落ち着いて食事ができる雰囲気でした。

スタッフはオーナーシェフの青木さんとホール(配膳)担当の男性2人です。

 

二人ともすごく気さくで話しやすいお人柄で、私たちが座っているテーブル席に料理を持って来るたびに、食材の産地や食べ方を丁寧に説明して頂きました。

撮影した時は他に誰もお客さんはいませんでしたがこの後、徐々にカウンター席は常連っぽい方で埋まって満席になり、にぎやかな感じになっていきます。

 

気になる料理ですが、初めて行くなら「京野菜 桜肉 鴨肉を最高に楽しめるコース」がおすすめ。馬刺し、鴨肉は京都ナンバーワンとの評判ですからね。

 

オーナーは食材に強いこだわりを持っておられるようで、厳選した肉や野菜を契約農家から直接仕入れているという話を聞きました。

ナカシン
ナカシン
一番よい食材を一早く仕入れて、新鮮な状態でお客さんに提供するのが美味しさの秘訣だそうです。

 

子鴨の予約は食べログから

子鴨は小さなお店のため、予約なしでいくと満席ってこともありえます。なので事前に予約しておきましょう。

予約は電話でもできますが、食べログ経由でネット予約をすると人数分×Tポイントを50ポイント分もらえてお得です。

セイヤ
セイヤ
食べログで「子鴨」と検索するとヒットするよ。

 

予約方法は日時と来店人数、食事のコースを選ぶだけなので簡単!!

私は2019年7月3日水曜日の18:30から2名で予約し、料理は「ちょっと贅沢に楽しめるコース」を選択しました。

 

これはホームページの京野菜、桜肉(馬肉)、鴨肉を楽しめるコースのことです。

食べログで予約が完了すると、自動返信メールで予約確認のメールが届くシステムになっていてあとは当日、店に行くだけとなります。

食べログでの予約はこちら

 

 

京野菜 桜肉 鴨肉を最高に楽しめるコースの内容

では、当日食べたコース料理の紹介に入ります。料理は京都と滋賀で採れた野菜のサラダからスタートしました。

我々はお酒が飲めないため、ドリンクはぶどうジュースをチョイス。その他のソフトドリンクは黒烏龍茶とジンジャーエールがあったと記憶しています。

 

ここから肉料理が始まり、京鴨のユッケ!!

 

馬刺しの盛り合わせが続きます。これが最高に美味しかった!!

 

肉料理は小休憩で、野菜と京ゆばのお吸い物が出てきました。

 

こちらは京鴨のロースト

 

野菜の天ぷらです。サラダと同じく京都と滋賀で採れた野菜です。

 

それから、馬肉ステーキです。

 

コースの締めは京鴨のそぼろご飯で、デザートはありませんでした。

以上、「ちょっと贅沢に楽しめるコース」では6,000円で合計8種類の京野菜、馬肉、鴨肉の料理を頂けるということになります。

 

会計は2人分で12,500円でした。コース料理の6,000円は税込みのようですね。

支払いはもちろんクレジットカードです。例えば還元率1.0%の楽天カードで決済すると125ポイントが入ります。

 

たった125ポイントと思われるかもしれませんが、カード決済できる支払いを全て楽天カードで払うと塵も積もれば山となり、ポイントが貯まっていきます。

  • ちょっと贅沢に楽しめるコース 6,000円×2=12,000円
  • ぶどうジュース 300円×2=600円
  • 食べログ予約Tポイント割引100円

 

食レポとかやったことないので、うまく表現できませんがどの料理もメチャクチャ美味しくて口コミの評判通りでした。

肉料理がメインだと脂っこくて、女性や胃腸が弱い方は食べきれないこともあると思いますが、子鴨の馬肉、鴨肉は萎縮性胃炎の私が食べても全く胃もたれしませんでした。

ナカシン
ナカシン
若い男性やよく食べる方にとって、量は少し物足りないかも知れません。

 

ですが、普段は定食屋やファーストフードでよく食事をする人が、「たまにちょっと贅沢しておいしいものを食べてみたい」って時に最適な店だと思います。

 

京都三条の子鴨は京野菜、桜肉、鴨肉を味わえる隠れ家料理店!!:まとめ

以上、京野菜、桜肉、鴨肉を楽しめる京都三条の子鴨で食事をした体験談でした。

日常的に馬肉や鴨肉を食べることはあまりないと思いますので、京都周辺にお住まいの方で食べてみたい方は一度子鴨に足を運んでみてはどうでしょうか?

遠方にお住まいの方も、京都に行く機会があればぜひ。

 

最後に今回私が子鴨で食事をしてみて、おすすめしたい人とおすすめるのはどうなか?って方を箇条書きでまとめてみました。

子鴨をおすすめしたい人
  • ひとりでも通える行きつけの美味しい店を作りたい
  • 普段よりも少し贅沢な食事をしたい
  • 落ち着いた雰囲気のレストランを探している
  • デートで彼女が知らない店に連れて行ってアピールしたい
  • おいしい肉料理が食べたい

 

子鴨はちょっとどうかな?という人
  • 腹一杯食べられるなら味にはこだわらない
  • 肉料理は一切食べない
  • 食費はできるだけ抑えたい

 

若いうちは食事の質よりも量を重視する傾向にあると思いますので、子鴨を積極的に勧めるのはちょっと難しですね。

でも、学生さんでも彼女とのデートで奮発して食事をするにはいいお店ですよ。

コース料理が6,000円だと家族全員で行ったり学生は少し厳しいでしょうから、やはりおひとりさまやカップル、友人と食事したい方に最適だと思います。

今回の記事が少しでも参考になればうれしいです。