個人輸出入(仕事)

おひとりさまフリーランスのメリットとは?

おひとりさまフリーランスのメリット

こんにちは、ナカシン(@nakashin2018)です。

本日より「おひとりさまフリーランスで生き抜く」のブログ記事を書いていきます。

ナカシン
ナカシン
では早速、始めていこうか。
セイヤ
セイヤ
そうですね。よろしくお願いします。

おひとりさまフリーランスってどういうこと?

まず、基本的なことから確認していきましょう。あなたはおひとりさまフリーランスってどういう人のことかわかりますか?

セイヤ
セイヤ
独身で自営業として仕事をしている人のことですよね?
ナカシン
ナカシン
正確に言うと独身で家族と別居の一人暮らし。そして、個人で仕事を請け負って収入を得ている人だね。

「おひとりさま」も「フリーランス」も最近使われるようになった言葉なので、まだよく理解していない人も多いでしょう。

以前は「おひとりさま」って聞くと、飲食店に一人で行って食事をするイメージで使われていましたが、このブログでは一人暮らしの独身という意味で理解してください。

 

一方、フリーランスについては特定の組織や団体に所属して給料を貰うのではなく、自由に仕事を個別契約して、任務完了ごとに報酬を得る働き方のこと。

なので、自営業でもパン屋、八百屋、飲食店のような実店舗で営業をしている人はフリーランスとは言いませんね。

プログラマー、Webデザイナー、カメラマン、翻訳者といった自分の専門的なスキルを活かして、個人で活動している人のことを差します。

 

  • おひとりさま・・・・・家族と別居している一人暮らしの独身
  • フリーランス・・・・・個人で自由に仕事をして収入を得る働き方

私の場合は、プログラミングもWebデザインもできませんが、ネット個人輸出入で10年近く生計を立ててきたのでフリーランサーと自負しています。

さらに、おひとりさまで長年生活をしているフリーランスということもあって、2つの特徴を合させたブログを運営しようと思いこのような形になりました。

 

おひとりさまフリーランスのメリット

では、おひとりさまフリーランスの意味を理解いて頂いたところで、そのメリットを紹介していきましょう。

  1. 人間関係のストレスに悩まされない
  2. 時間に縛られることがない
  3. 少ない資金でも始めることができる
  4. 会社に出勤する必要がなく自宅でできる
  5. 自分のやり方次第で収入を増やすことができる
  6. 何でも自分で決めることができる
  7. 朝早く起きなくても大丈夫
  8. いつでも始められて、いつでも辞められる
セイヤ
セイヤ
メリットがたくさんありますね?
ナカシン
ナカシン
他にも挙げればきりがないけど、とりあえずこれぐらいにしておくよ。

人間関係のストレスに悩まされない

一人暮らしなので日常生活はストレスフリーで自由そのもの。

フリーランスとして行う仕事によって、人間関係に悩まされる可能性はありますが、会社員ではないためストレスを抱えながら無理に継続する必要もありません。

上司や先輩、同僚、部下も当然いませんから周りに気を遣わず、自由に仕事を選択することができます。

ナカシン
ナカシン
ただ、全くストレスをゼロにできるかと言うと、現実的にそれは難しいでしょう。

 

例えば、私のようにネット通販をやっているとお客様を相手にする商売のため、クレームのメールや電話を頂く事態に遭遇します。

また、レンタルサーバーやオークションサイトに不具合が出て売り上げが落ちたり、海外に送った荷物が紛失して返金を強制されたりとトラブルは起こりえます。

 

そうなると当然ストレスにはなりますよね?

おひとりさまフリーランスでも何かしら仕事をして生活していけば、会社員時代の人間関係とは別のストレスに遭遇することは頭に入れておきましょう。

時間に縛られることがない

会社員の場合は、朝9時に出社して夕方18時に退社。休みは土日祝日と会社の規則によって労働時間、休日が決められています。

繫忙期にはあなたの意に反して残業させられることもあるでしょう。

 

リアルでお店などを開いている自営業者も営業日、休業日を設定しているはずなので、自分の好きな時に勝手に休むってわけにはいきません。

そんなことをしているとお客様の信頼を失ってしまいますからね。

もちろんフリーランスでも仕事によっては納期に追われるため、常に時間に縛られる人がいるのは確かです。

セイヤ
セイヤ
クリエイティブな仕事をしている人ですね。

 

しかし、物販ネットビジネスをしている私は売れた商品の発送業務さえ怠らなければ、基本的に自分の好きな時に仕事をして好きな時に休むことができます。

おひとりさまだと家族サービスに時間を取られることもないので、その日の作業が終わればあとは自己啓発や趣味など自由です。

ライフスタイルに合わせてオンとオフを自在にコントロールすることが可能になり、ドラマ、映画、オリンピック、ワールドカップも見放題の生活を送っています。

少ない資金でも始めることができる

フリーランスワーカーは自分の専門的スキルを活かして仕事をするため、基本的には店舗を持っておりません。

自宅を事務所にするか、仕事用のマンションを一室借りるにしても、おひとりさまなら1Rや1Kで事業を始めることにより初期投資を抑えることができます。

 

これが、リアルにお店を開くとどうでしょう?

店舗の家賃、光熱費、仕入れ代、広告費、人件費などかなりの出品が予想されます。膨大な初期投資を回収できず、赤字続きで廃業という話もよく耳にします。

 

おひとりさまならまだしも、奥さんと子供がいて飲食店のようなリアルビジネスに参入するには大きなリスクが伴います。

ナカシン
ナカシン
ネットビジネスでも物販系は仕入れにお金が必要だから、フリーランスでも少し資金は必要になってくるけどね。

会社に出勤する必要がなく自宅でできる

インターネットが普及したおかげで、現代社会では会社員でも会社に出勤せずに在宅ワークができるような時代になってきました。

セイヤ
セイヤ
僕の会社でも育児休暇を終えた女性社員の中には、子供が小さいうちは在宅勤務を希望するって人がいますね。

フリーランスという働き方が浸透したのも、ネットの台頭によるものと言われています。

 

プログラマー、デザイナー、ライター、翻訳、アフィリエイトなどパソコン1台とネット環境さえあれば、自宅で収入を得て生活することができます。

商品の仕入れと発送が不可欠な私の仕事でも、ネットで仕入れ&販売が可能。お金のやり取りもすべてネットバンキングやカード決済ができるようになりました。

 

宅急便が商品を自宅まで届けてくれますし、発送の際は集荷にも来てくれます。

通勤する必要がなく完全に在宅でひとりで仕事ができるので、時間も無駄になりません。

自分のやり方次第で収入を増やすことができる

フリーランスになるとあなたが社長で経営者ということになります。

事業に失敗して廃業するか、軌道に乗せて収入を増やすかはあなたの能力と行動次第!!

専門的なスキルを活かしたフリーランサーの実情は分かりませんが、ネット起業家は同時に複数のビジネスを展開して収入を上げることが可能になります。

 

全てオンライン上で完結しますから、1つ仕組みができるとある程度ほったらかしでもお金が稼げるようになり時間的な余裕が生まれます。

例えば、私のネットショップの1つは既に3年以上運営しているため固定客も多く、新商品が出た時たまに更新するだけでも、平均毎月5~10万円売れています。

 

やる事と言えば、新商品出品と、注文が入った後に商品を仕入れて発送するだけ。あとはショップが24時間365日営業活動をし、自動的に売ってくれます。

そうやって空いた時間は無駄に浪費せず新たなショップ構築にあてる。

ナカシン
ナカシン
結果、現在は4店舗を運営するまでに成長し、パラサイト生活からおひとりさまフリーランスになれました。

何でも自分で決めることができる

仕事でもプライベートでもひとりなので全ての決定権はあなたにあります。どのような仕事を選択するか、休日は何をするか、ご飯は何を食べるか思いのまま。

フリーランスでそれなりに稼ぐことができて仕事に支障が出なければ、急に思い立って一人旅に行くなんてこともできます。

誰かに気を遣う必要はなく、誰の指示に従う必要もありません。

 

これが家族を持っているサラリーマンの場合どうでしょう?会社では低賃金で使われ、法律で決められている有給休暇でさえ満足に取得できません。

ナカシン
ナカシン
中小企業で働いていた私のことですけどね。今思えばよくやっていたなあ~と思う。

 

また、土日の休みは妻や子供に家族サービスを求められ、ボーナスは子供の学費や家のローンで消え、自分の欲しい物を買えない人も多いでしょう。

いい悪いは別として、会社や家庭で人間と行動や生活を共にする限り、どこかで考え方や意見に食い違いが生じ、様々な点で妥協を余儀なくされます。

その点、おひとりまフリーランスだとあなたの思うがままの生活を送ることができます。

朝早く起きなくても大丈夫

場所と時間に縛られることが少ないため、朝は遅くまで寝ることができます。まだ日が昇っていない5時や6時に起きて、満員電車に揺られ通勤する必要はありません。

私は会社員時代、職場が割と近かったため、電車通勤することはなかったのですが、高校時代は京都市内、大学時代は大阪の吹田まで通学していました。

 

最寄り駅が京阪電車の樟葉駅なので、だいたい1時間~1時間半かけて通っており、やっぱり毎日朝早起きして電車に乗る生活は大変でしたね。

特に冬場の電車内はインフルエンザや風邪に感染するリスクが高く本当に嫌でした。

 

また、体質的に胃腸が弱い過敏性腸症候群でトイレに駆け込むことも多く、朝の通勤、通学から解放された現在の生活スタイルは本当に快適です。

セイヤ
セイヤ
毎朝6時に起きて電車通勤しているので正直うらやましい。

いつでも始められて、いつでも辞められる

ネット起業ですとパソコンとインターネット環境さえあればすぐに始められます。

収入についても物販でしたらヤフオクやメルカリなどのサービスを利用すれば、自宅の不用品を売るだけでも最初のうちは多少なりとも入ってくるでしょう。

 

しかし、そこから収入を伸ばして安定化し、おひとりさまフリーランスを継続していけるかは別問題。

食べて行くレベルに達するには当然ながら時間と努力が必要になってきます。

ナカシン
ナカシン
フリーランスはかんたんに始められるけど、ほとんどの人は満足な成果が出るまでに途中でやめてしまうんだ。
セイヤ
セイヤ
専門的なスキルを持っていない場合、会社員の給料並みに稼ぐのは大変そうですね。

 

専門職系はフリーランスになって最初から仕事が得られるかどうかによるでしょう。

会社員時代からの付き合いやコネがあって、いきなり独立しても仕事を頂けるような人も中にはいると思います。

 

そういった場合は、即おひとりさまフリーランス生活に入れそうですね。

どちらにしろ、フリーランス自体は誰でも簡単になれますし、やめようと思えばいつでもやめられるのはメリットだと言えます。

 

おひとりさまフリーランスのメリット:最後に

以上、おひとりさまフリーランスのメリットを私の経験から書いてみました。

おひとりさまフリーランスという生き方について、最初にプラス面を紹介しましたがイメージして頂けましたでしょうか?

メリットと言ってもフリーランスの仕事によっては、ここでピックアップした項目が必ずしもメリットになるわけではありません。

ナカシン
ナカシン
あくまでネット個人輸出入のフリーランサーである私の経験を元にお話しさせて頂きました。

 

決して「おひとりさま」や「フリーランス」になることを勧めているわけではありません。

単に1つの生き方として、その生活ぶりをブログに綴って同じ境遇の方や、そうではない方にも私が発信する情報で何かお役に立てればと思っております。

そんな感じでいくので、今後とも気楽に読んで頂ければうれしいです。