日用品

ノートパソコンが入る機内持ち込みサブバッグのおすすめは?

ノートパソコンが入る機内持ち込みサブバッグにはポータータンカー2WAYブリーフケースがおすすめ!!

こんにちは、ナカシン(@nakashin2018)です。

今日は旅行へ行くときの機内持ち込みと現地観光の持ち歩き用として購入した、サブバッグを紹介したいと思います。

ノートパソコンが入る軽いバッグを前から探していて、理想的な商品を見つけました。

それが、ポータータンカー2WAYブリーフケース(622-69311)!!

PORTER(ポーター)は日本が誇るバッグ製造業者、吉田カバンのブランドです。

男女問わず学生からビジネスマンまで、幅広い層に支持されてますよね?

「TANKER(タンカー)」はPORTERの中で、定番の人気シリーズの一つ。

ナカシン
ナカシン
持ってる人をよく電車内で見かけますね。

ポーターの特徴である耐久性と収納力、タンカーの軽さに注目して旅行で使ってみたところ、文句ない使い心地でした。

旅行の街歩きは疲れますし、特に海外は渡航先の治安も心配。

バッグが軽いと体の負担が減り、収納の多さはスリ対策に有効です。

そこで、この記事ではタンカーブリーフケースのレビューと旅行用サブバッグとしての活用方法をまとめました。

ポータータンカー2WAYブリーフケースの詳細

では早速、ポータータンカーの2WAYブリーフケース(622-69311)をレビューします。

ますは基本情報から

商品名 Poter Tanker 2Way Briedcase
品番 622-69311
カラー ブラック・シルバーグレー・セージグリーン
素材 表ナイロンツイル、裏ナイロンタフタ
サイズ 410×310×70cm
重量 710g
付属品 オリジナル巾着、取扱説明書

タンカーは1983年に発売されたシリーズ。

アメリカ空軍のフライトジャケット、「MA-1」をモチーフに開発したオリジナル生地を採用しています。

ナイロン素材のため生地がとても軽く、裏地のオレンジカラーが印象的です。

商品内容を確認

商品内容はバッグ本体とオリジナル巾着の2点。

バッグの重量は?

バッグの重量をデジタルスケールで量ると、615gでした。

セイヤ
セイヤ
タンカーシリーズはやはり軽いですね。

バッグ外側のポケットは2つ、内側は1つ

バッグ外側のポケットは2つ。

スナップボタンとマジックテープで開閉することができる2重構造です。

これだけでもスリ対策にかなり有効だと思われます。

ポケットのサイズは縦21㎝×横20cmなので財布、スマホ、手帳、文庫本なども収納可能。

内側はジッパーで開閉するタイプの大きなポケットが1つ。

ポケットのサイズは縦22cm×横40cmです。

メインの収納部にはクリアポケットを配置、マチは6cm

メインの収納部はB4サイズまで収納可能。

内部にはクリアポケットが設置されており、筆記用具、スマホ、パスポート、バッテリーなどの小物を入れるのに便利です。

裏地の内部には、衝撃を吸収するクッション性の素材が使われています。

ノートパソコンやタブレット端末を持ち運んでも安心です。

ダウンジャケットの羽毛が中に入っている感じ。

マチの部分は荷物をたくさん入れると、最大6cmぐらいまで伸びます。

ガイドブック、雨具、Wifi、ペットボトルなど、旅行に必要なアイテムをまとめて収納して持ち歩けます。

旅行サブバッグとしてのタンカー活用方法

続いて、タンカーの2WAYブリーフケース(622-69311)を旅行で使う場合の活用方法を紹介します。

国内旅行より荷物の量が増える、海外旅行を想定しておきます。

海外旅行では航空会社に預けるスーツケースと、機内に持ち込むサブバッグの2つを用意する人が多いと思います。

ナカシン
ナカシン
私のサブバッグの中身は大体こんな感じです。
旅行用サブバッグに入れる身の回り品
  • ノートパソコン一式
  • スマホ・充電ケーブル
  • スマホバッテリー
  • ポケットWifi
  • 現金・トラベラーズチェック
  • クレジットカード・交通系ICカード
  • パスポート
  • ガイドブック
  • 薄手のジャケット
  • ポケットティッシュ
  • 筆記用具
  • ペットボトルの水

ノートパソコンを入れて機内に持ち込む

機内に持ち込むサブバッグの中身を並べてみました。

私は国内線、国際線を問わず、飛行機に搭乗する際はバッグにパソコンを入れて機内に持ち込むようにしています。

空港では無料Wifiが使えますし、PCがあると待ち時間も退屈しません。

ちなみに、持ち運ぶノートPCは薄くて軽い機種を使っています。

愛用のNEC、Lavie HZを収納すると余裕で入りました。

このノートパソコンはサイズが13.3インチとA4サイズ並みで、重量も1kg以下!!

ただ、ケーブルとアダプターを含むと重さはあるので、他の持ち込み品を減らします。

パソコン以外の荷物で必要なのはスマホの充電ケーブル、海外変換プラグ、薄手の長袖ジャケットでしょうか?

モバイルバッテリーは出発前に手荷物カウンターで預けることができません。必ず機内に持ち込むようにしましょう。もし、スーツケースに入れて預けてしまうと、飛行機に積み込まれない可能性があるので注意が必要です。

現地観光の街歩きに収納する物

現地で街歩きをするときの、バッグの中身です。

到着後ホテルで入れ替えるのですが、PCは客室のセーフティボックスに入れて、代わりにガイドブックをバッグへ。

日本国内で使っている財布も、持ち歩きません。

常夏の国に行くと、外は暑くても建物の中はエアコンで寒いので、上着は持っておいた方がいいです。

あと、ペットボトルの水を入れることもあります。

外側のポケットには現地通貨とカード

今度はポケットの収納について。

海外の街を観光するときは、スリのような軽犯罪の被害に遭う可能性はどこでもあると思って行動しないといけません。

そこで意識したいのが、スリ対策!!

一番危険な外側ポケットには、少額の現地通貨、クレジットカード、ICカードを入れます。

海外旅行での支払いは、可能な限りクレジットカードを使う。

普段、日本で使っているメインのカードだと紛失したときに後々手続きが面倒です。

海外旅行専用のクレジットカードを作っておきましょう。

  • 海外ではクレジットカードを使える店が多く、現金を持つより安全
  • 紛失や盗難しても電話一本ですぐに止められる

内側のポケットには高額紙幣、パスポート、航空券など

内側のポケットには、貴重品の中でも大切なものを入れます。

高額紙幣、スマホ、パスポート、航空券、予備のクレジットカードなど

ホテルのセーフティーボックスで管理するという方法もあります。

でも、従業員による盗難の危険性もあるため、ホテルのランクによっては持ち歩く方が安全だと思います。

メインの収納部にはガイドブック、バッテリー、衣類など

メインの収納部には下記のかさばる物を収納します。

ガイドブック、Wifi、バッテリー、デジカメ、ジャケット、水

なぜ海外旅行ではリュックよりブリーフケース?

海外旅行のサブバッグにはリュックよりブリーフケースがおすすめです。

日本人旅行者を見ると、斜め掛けできるバッグだけではなく、後ろに背負うリュックを使っている人も多いです。

ナカシン
ナカシン
リュックは両手が自由になるメリットは確かにある。

でも、後ろが死角になるし、荷物を取り出すときに毎回下ろす必要があります。

そのため国内ならいいけど、海外旅行の持ち歩き用としては安全面で不安。

財布を使うのも意外と危険だし、セキュリティーポーチやサコッシュは見栄えが悪かったり容量不足だったり・・・。

最終的に貴重品や身の回り品は、全部ブリーフケースに収納。

で、必要なときに前で出し入れすれば、最も楽で安全という結論に私は至りました。

ブリーフケースがあれば海外旅行で財布は不要

ブリーフケースがあれば、全部まとめて管理できるので財布は不要です。

チェーン付きの財布なら安全に見えますが、そもそも海外では財布を人前で取り出す行為自体が危険な国も。

財布をどこかに置き忘れたり、うっかり落とすかもしれません。

リュックを背負って、後ろポケットに財布を入れるとスリの格好の餌食になります。

なので、現金も荷物もショルダーバッグに直接収納して前で管理する。

バッグからお金を直接出し入れすることで、財布を取り出す行為が不要になり支払いはあっという間に終わります。

セキュリティーポーチはダサ過ぎる

海外旅行のスリ対策グッズの1つとして、セキュリティーポーチがあります。

主に首からぶら下げるタイプとウェストポーチの2種類で、貴重品をコンパクトにまとめて収納することが売り。

スリ対策には有効で私も検討しましたが、見た目がダサい。

腰に巻くと変身ベルトみたいだし、服の下に入れるとお腹が膨らんで見た目が最悪。

セイヤ
セイヤ
使ってるの日本人ぐらいですよね。

首にかけるタイプはバッグのストラップと肩で絡まって、邪魔になったりします。

観光中は写真を撮るし、見栄えが悪いものはできるだけ写したくありません。

ということで、セキュリティーポーチの使用も除外しました。

サコッシュのような小型バッグは容量不足

財布やセキュリティーポーチ以外に、サコッシュという選択肢もあります。

サコッシュとは小型で軽量な斜めがけができるバッグのこと。

貴重品をコンパクトに収納できる点で、セキュリティーポーチと同じく機能的で、見た目もダサくはありません。

ナカシン
ナカシン
でも、サコッシュは容量不足。

街歩きでは貴重品以外にも、持ち歩く荷物は多くお土産も購入する。

そうなると小型バッグには入りきれません。

結局、別のリュックやショルダーバッグが必要になります。

  • 旅行ガイドブックを電子書籍版にする
  • 水はその都度買って持ち歩かない
  • ジャケットなどの上着は着て出かける

上記のような対策をすれば、ある程度の荷物は減らせるでしょう。

しかし、紙のガイドブックは目的のページにサッと飛べて便利。

海外では水が買えない状況も考えられますし、冷房も強いので、長袖の上着も持ち歩きたいところです。

以上のことから安全面、機能面、容量面から総合的に判断して、ブリーフケースがサブバッグとして最適なのです。

ノートパソコンが入る機内持ち込みサブバッグのおすすめは?:最後に

以上、ポータータンカー2WAYブリーフケース(622-69311)のレビュー。

そして、旅行用のサブバッグとして活用する方法を紹介しました。

ノートPCを機内に持ち込むなら、ブリーフケースが便利で安全です。

タンカー2WAYブリーフケースなら、現地到着後の観光でも使えて貴重品と身の回り品もすべて収納可能。

軽い素材で体への負担が少なく、クッションが中の衝撃を吸収してくれます。

日本製で高品質、デザイン的にもおしゃれでビジネスでも旅行でも違和感ありません。

ポケットや収納用の仕切りも豊富なため、アイテムを重要度に分けて管理できることもおすすめ理由の一つです。

旅行用のサブバッグを探している人は、一度検討して頂ければと思います。