個人輸出入(仕事)

おひとりさまフリーランスに向いてる人

おひとりさまフリーランスに向いている人

こんにちは、ナカシン(@nakashin2018)です。

会社を辞めてフリーランスとして独立し、自由な一人暮らしに憧れを抱いている人は結構多いのではないでしょうか?

そうなると気になるのは「本当に起業して食べて行けるのか?」ってこと。

稼げるかはぶっちゃけやってみないと分からないので、今日はどんな人がおひとりさまフリーランスに向いてるか書いていきます。

個人的には自分の信念を持ってぶれずにコツコツ作業できる方であれば、フリーランサーとして一人で生活できるぐらいのレベルには誰でもなれると思います。

あとは参入するビジネス、スキル、やる気、資金力、運など次第でしょうか?

おひとりさまフリーランスに向いている人とは?

では、早速おひとりさまフリーランスに向いている人の特徴を挙げて行きましょう。

自己管理ができる人

メリットデメリットの記事でも説明しましたが、基本的に仕事でも日常生活でも誰にも邪魔されずに毎日好きなことができます。

なのでいつ働いて、いつ休むのか自分でスケジュール管理をしなければなりません。

そんなに仕事をしなくても、ひとりで食べて行けるぐらい十分な収入があれば、スローペースでのんびりと過ごすのもいいでしょう。

反対に毎月赤字なら休んでいる場合ではないですね。

これは本当にその人の性格が出る部分で、金欠でも気にしない人もいれば、さらなる成功を求めて貪欲に自分のビジネスに没頭する人とさまざま。

おひとりさまは仕事に加えて、体調管理にも注意する必要があります。

肝心な時に風邪やインフルエンザに感染して仕事に穴をあけるようなことになっても、誰も代わりを務めてくれませんので、常に100%の状態を維持する自己管理力が問われます。

ナカシン
ナカシン
おひとりさまフリーランスで病気になると大変だよ。誰も看病してくれないし休むと収入もないからね。
セイヤ
セイヤ
実家暮らしだからその点は少し不安です。

自分で考えて行動できる人

会社員の場合は与えられた仕事や上司の指示によって職務を遂行すると思います。

企画、開発部門などで常に自分の頭を使う業務に携わっている人もいるでしょうが、少なくとも私の会社員時代は

ナカシン
ナカシン
決められた仕事をするだけの単調な毎日でした。

何か実績を上げて会社に大きな利益をもたらすような仕事をしたことがなかったため、フリーランスに転身した当初は一人でやっていけるか正直不安でした。

ところが、いざフリーランスに転身すると意外とうまくいくものですね。

毎月決まった給料が自動的に銀行口座に振り込まれるわけではありませんから、私の場合はいかにして収入を増やすか自然と考えて行動するようになったのです。

インターネットを使った物販ビジネスをしていると、

  • どうすればもっと商品が売れるのか?
  • どこか安い仕入れ先はないか?
  • 固定客を増やす方法は?
  • 新しく登場したECシステムに移行するべきか?
  • 節税方法は?

など誰もが同じ問題というか悩みに直面します。

ライバルと同じことをしているだけではこの世界で生き残っていけませんから、頭を使って自分のオリジナリティを出し、ビジネスを成長させていかなければなりません。

これができる人はフリーランスで生き残っていけると思いますし、家族から独立しておひとりさまフリーランスになっても自立できるでしょう。

情報収集が好きで流行に敏感

インターネットは現代社会において必要不可欠のツールになっています。

いつでもどこでも最新の商品やサービスの情報を得られますので、情報収集を怠らない人はライバルを出し抜くことができ、成功する確率が高いと言えます。

セイヤ
セイヤ
フリーランスという働き方もインターネットの登場で誕生したんですよね?

Amazon、ヤフオク、楽天市場では24時間いつでも物の売買が可能になり、Twitter、Facebook、Instagramでは世界中の人と情報交換できるようになりました。

今後もっと便利なサービスが登場することもあるでしょう。

こういったツールは基本的にほとんど無料で利用できるため、自分のビジネスや生活に取り入れて行かないと時代に取り残される可能性があります。

私の場合、アマゾンやヤフオクで商品の仕入れ、販売を行い、SNSでは取り扱っている商品情報の配信やお客様とのやり取りに活用しています。

昔は本や雑誌でも情報収集をしていましたが、現在はスピードと情報量の面から全てネットに頼るようになりました。

また、実生活でもSNSで友達や家族と連絡を取ってます。

生活必需品はアマゾンや楽天で購入するとポイントがついてお得になり、自宅まで届けてくれるので店に行く手間が省け、時間的にも節約ができます。

迅速で丁寧なコミュニケーションがとれる

フリーランサーは上司や同僚、部下との関係に悩まされることはありませんが、お客様とのコミュニケーションが発生します。

どんな時にやり取りするかというと、商品やサービスへの質問や交渉、発送や納品時の連絡、何かトラブルがあった時です。

特にネットのみで取引を実行する場合は顔を合わせることなく、お客様が先にお金を支払うケースも多いため、当然不安に感じます。

そういった不安を解消するためにも、コミュニケーション力が求められます。

海外輸出がメインの私の場合、購入者の9割は海外にお住いの外国人の方です。

  • お金を払ったけど、本当に遠い日本から商品が届くのだろうか?
  • 商品が壊れないようにしっかり梱包してくれるだろうか?
  • 紛失した場合は返金してくれるのだろうか?

お客様は様々な不安をお持ちなので、質問が来れば迅速、丁寧、正確な返信を心がけ、発送後は速やかに追跡番号を連絡、クレームには真摯に対応することが重要になります。

もしいい加減な対応をしていると、マイナスな評価をされますし、ブログやSNSなどで悪評を書かれる可能性もあります。

ネットであれコミュニケーション能力に欠けていれば、安定して稼ぐことはできません。

ナカシン
ナカシン
社会人として基本中の基本なので、会社員を経験した人は問題ないでしょう。

クレームに冷静な対応がとれる

おひとりさまフリーランスで一番避けたいことは、人とのトラブルです。

仕事でお客様から、生活で隣人や近隣住民からクレームを受ける可能性はゼロではなく、そうなった場合は余分な時間と労力を使うことになります。

あなたが原因かも知れませんし、言いがかりをつけられることもあるでしょう。

クレームが来た時に重要なのは、冷静な対応がとれるかということです。もしあなたに非があれば謝罪して解決策を模索するべきだと思います。

例え、理不尽な要求であっても感情的にならず紳士的な対応を心がけましょう。

というのも、あなたの対応次第で仕事が激減したり引っ越しを余儀なくされるなど、今後のおひとりさまフリーランス生活に影響がでるからです。

ナカシン
ナカシン
頭に血が上りやすい人は注意して!!
セイヤ
セイヤ
温厚なのでこれは大丈夫かな。

おひとりさまフリーランスに向いていない人

ここまでおひとりさまに向いている人について書いてきました。

反対に向いていない人はどういう人かというと、これまで述べてきた項目に当てはまらない人になります。

ナカシン
ナカシン
あと、寂しがり屋もこの生き方はきついかな~。

おひとりさまフリーランス生活はある意味自分との戦いです。最初は自由を満喫しても人によっては、徐々に孤独に耐えられなくなる可能性もあります。

会社員なら上司や同僚、部下とコミュニケーションを取りながら仕事を進めたり、関係が良好だと仕事帰りに飲み会や遊び、休日に旅行に行ったりする機会もあります。

それに常に会社や上司からプレッシャーをかけられなければ、仕事に身が入らず力を発揮できない性格って人もいるでしょう。

過保護に育ってひとりでは日常生活を送れないって人も。

組織に属して集団生活が自分に合っているのか、おひとりさまフリーランスが合っているのかはその人の適正にもよるので事前に判断する必要があるでしょう。

おひとりさまフリーランスに向いている人:まとめ

以上、おひとりさまフリーランスに向いている人を説明していきました。

ざっとまとめるとおひとりさまフリーランスで成功できそうなタイプの人は、下記のような感じになります。

  • 自己管理能力に優れている
  • 自分一人で考えて行動できる
  • 最新の情報に敏感
  • コミュニケーション能力が高い
  • 感情的にならない

一方、会社員を続けて方がいい人は上記6項目に当てはまらず、孤独が嫌い、または誰かに依存していないと生きといけない人になります。

最後に少し言っておくと、これらはあくまで私の考えだということを頭に入れておいてくださいね。