パソコン周辺機器

DellのACアダプター代用充電器はどれを選ぶべきなのか?

DellのACアダプター代用充電器はどれを選ぶべきなのか?

こんにちは、ナカシン(@nakashin2018)です。

今日はノートパソコンと一緒に持ち運ぶ、ACアダプターの代用として使える充電器を紹介したいと思います。

私が出張や旅行に必ず持っていく物の一つは、Dellのノートパソコンです。

パソコン持参で遠出する場合、普通は付属のACアダプターも持っていくと思います。

最近のPCはコンパクトで重量1kg以下の商品も多く、かなり軽量化されました。

ナカシン
ナカシン
ただ、ACアダプターはかさばって重いんですよね。

Dellはケーブルも長い、太い、2本に分かれると邪魔になります。

このパソコン一式をどうにかして小さく軽いものにできないかと模索してきました。

そこで、たどり着いたのがUSBの充電器で代用する方法です。

「USB PD」という規格に対応したノートパソコンであれば、専用の充電器でUSBポートを経由した給電ができるのです。

この方法だとACアダプターを持ち運ぶ必要はありません。

ということで、Dellのパソコンを例に、充電器とケーブル選びの注意点、代用充電器の使用感などをまとめました。

ACアダプター代用の充電器を購入する前に

まず、パソコンが「USB PD」対応であることが大前提です。

最近のノートPCはUSB Type-Cポートが搭載された製品が増えてきています。

そのため新しい機種なら、ほぼ市販で購入したUSB PD充電器をACアダプターの代用として使えるハズ。

しかし、USB Type-C対応品でも念のため、下記の点に注意してください。

  • USB Type-Cポート=USB PD対応とは限らない
  • 純正ACアダプターのワット数を確認する

USB Type-Cポート=USB PD対応とは限らない

USB Type-Cポート搭載品でも、USB PD非対応の場合が稀にあります。

なので、USB PDの充電器を買う前に、PCを購入したメーカーにUSB PD対応であるか確認した方がいいでしょう。

セイヤ
セイヤ
商品レビューを見ると、「充電できなかった」という書き込みもチラホラ見られますね。

私もDellに確認し、「USB PD対応」との返答は頂きました。

ただ、どこのメーカーも基本的に他社のACアダプターや充電器の動作は保証していませんと言われると思います。

純正ACアダプターのワット数を確認する

パソコンが「USB PD対応」だとわかれば、次は充電器選びです。

ノートPCの本体、もしくはACアダプターに充電に必要な電力(ワット数)が記載されているのでそれを確認。

同じワット数か近いワット数の充電器を選ぶといいでしょう。

基本的に最大出力が大きめの充電器を買っておけば問題ありません。

とはいえ、出力が大きすぎると充電器はデカくて、重くなるので、ほどほどに。

ちなみに、私が使っているDellパソコンの純正ACアダプターをチェックしてみると、出力65Wと書かれてました。

Elecom社の65W充電器と60WのPDケーブルを購入

充電器とケーブルは選ぶのに困るぐらい種類が豊富です。

国内メーカーで揃えたかった私は、エレコムの65W充電器と60WのPDケーブルを一緒にアマゾンで購入しました。

65W AC充電器

Elecomの65W充電器です。

箱の大きさは5.5×6×3.5cm、重量40g。

保証期間は1年です。

中身は充電器の本体のみで、マニュアルはありませんでした。

箱の裏面にあるQRコードを読み取ると、WEBマニュアルにアクセスできるようですが、必要なさそう。

ポートはUSB Type-Cが1つ。

65Wと書かれています。

プラグはスイングタイプ。

折り畳むとコンパクトに収納できます。

ナカシン
ナカシン
充電器ってもっと重いイメージでしたが、想像以上に小さくて軽かった。

60W PD USB Type-Cケーブル

PDケーブルも充電器と同じElecom社で揃えました。

最大出力60Wで超高速充電に対応しています。

充電器65Wに対してPDケーブルは60Wですが、レビューを見る限り問題なさそうです。

外出先で使う場合、コンセントからデスクまでが遠いこともあるので、長さは余裕をもって2.0mを選びました。

  • USB PD対応のノートパソコン
  • パソコンと同程度のW数を持つ充電器
  • パソコンと同程度のW数を持つPDケーブル

3点が揃ったら準備完了です。

セイヤ
セイヤ
重くてかさばるACアダプターとはおさらば!!

コンパクトな充電器とケーブルを持って旅先でパソコンを充電することができます。

実際にACアダプターの代用充電器を使った感想

ここからは、ACアダプターの代用に充電器を使用した感想を書いていきます。

外に持ち運ぶ前に自宅でつないでみましたが、ACアダプターのときと変わらず普通に充電できました。

充電スピードも純正のACアダプターと遜色ありません。

代用品としてバッチリな感じです。

重量の違い

まずは、個人的に最も気になる重量から。

純正のACアダプターとケーブルは290gでした。

一方、代用品の充電器とPDケーブルは160g!!

290g-160g=130gも軽いことになりますね。

たった130gだと大したことないように見えるかもしれません。

でも、荷物は充電器の他にもありますし、旅行で長距離を移動すると130gの軽減はかなり助かります。

かさばり具合

全体的な大きさもACアダプターの方がデカくて、ケーブルも太く長いです。

充電器は軽くてコンパクト。

PDケーブルは2.0mなので長さはありますが、線が細いためバッグに入れてもスペースを取らない。

他社製の充電器をつかって熱くならない?

純正アダプター以外で充電する際に不安なのは安全性だと思います。

メーカーは基本的に他社製品の使用に関しては推奨しません。

Amazonではさまざまな充電器が販売されていますが、充電中に「熱くなる」といった書き込みもよく目にします。

中には「熱すぎて触れない」といった投稿も。

ナカシン
ナカシン
こういったレビューを読むと、購入を迷いますよね?

充電器が熱くなるかどうかは、製品によると思います。

あまり安すぎる商品は避けた方が無難かもしれません。

私は何となく安心できる国内メーカー、エレコムの充電器を買いました。

今のところ、熱くなるような不具合はないです。

このように、ホテルの客室でも充電できましたし、普通に手でさわれます。

適度にぬるいぐらい。

PDケーブルは最大出力60Wとパソコンと充電器の65Wに少し足りませんが、こちらも不具合は出ていません。

したがって、現状のところエレコムの充電器とケーブルにして正解でした。

DellのACアダプター代用充電器はどれを選ぶべきなのか?:最後に

以上、DellのACアダプターに代用可能な充電器の紹介でした。

Dellに限らず、USB PDに対応したノートパソコンであれば、必ずしもACアダプターで充電する必要はありません。

市販の充電器で簡単に充電できます。

ACアダプターから充電器に変えると、持ち運ぶ際の重さと大きさを軽減できます。

特に長時間バッグに入れて背負ったり、肩にかけると体への負担に差が出ます。

なので、パソコンを外に持ち運んで仕事をする機会が多い人は、代用の充電器とケーブルを購入したほうがいいですね。

パソコンにUSB Type-Cポートがあれば、ほぼUSB PD対応だと思います。

中には非対応の製品もあるので、念のため事前確認はしてください。

あとは、ACアダプターの最大出力W数を調べて、同程度の充電器とケーブルを購入。

これだけで、旅行や出張に重くてかさばるACアダプターとケーブルを持っていく生活から解放されます。