ホテル

Gホテルガーニー(ペナン島)のエグゼクティブスイート宿泊記

ペナン島のG ホテル ガーニー(G Hotel Gurney)エグゼクティブスイート宿泊記

こんにちは、ナカシン(@nakashin2018)です。

今日はペナン島で泊まった、「G ホテル ガーニー」エグゼクティブスイートの宿泊体験記を書いていきます。

マレーシアは全体的に物価が安く、ホテル代もリーズナブル。

2人で10,000円出せば、5つ星ホテルに宿泊できることも珍しくありません。

ナカシン
ナカシン
ということで、ペナンでは高級ホテルに分類される「G ホテル ガーニー」に宿泊しました。

Gホテルガーニーはペナン島北部のビーチ沿いに、ホテルやコンドミニアムが立ち並ぶリゾートエリアにあります。

モールに隣接しており、屋台街もすぐ近く。

さらに、今回なぜか「エグゼクティブスイート」にアップグレードされたのです。

ホテルのスイートルームに宿泊するのはこれが初めてでしたで、宿泊したときの様子をまとめました。

G ホテル ガーニーの基本情報

まずは、G ホテル ガーニー(G Hotel Gurney)の基本情報から。

住所 168 A, Persiaran Gurney, 10250 Penang, Malaysia
電話番号 604-238-0000
交通アクセス ペナン国際空港から車で約45分
チェックイン 15:00
チェックアウト 12:00
総部屋数 304室
日本語対応 なし
部屋設備 テレビ(NHK日本語)、電話、インタネット回線、
湯沸かしポット、ミニバー、コーヒー&紅茶、無料飲料水
ドライヤー、アイロン、ベビーベッド、石鹸、ボディーソープ、シャンプー、洗顔ソープ、
ハミガキセット、髭剃り、くし
タオル、バスタオル、バスローブ、スリッパ、
セーフティーボックス、プラグ(BFタイプ)
 館内設備 味楽(日本料理レストラン)、バー、エグセクティブラウンジ
プール、スパ、フィットネスジム、ルームサービス、
ランドリー、宴会場、モーニングコール、ハウスキーピング、
パーキング、美容室、両替所

ジョージタウンの北部に位置する、スタイリッシュなホテルです。

5つ星なだけあって屋外プール、館内レストラン、バー、フィットネスジム、宴会場など豪華な施設を備えています。

ペナン島では、かなり上位に分類されるホテルではないでしょうか。

ホテルは全体的に綺麗で清潔感があります。

この辺はリゾート地の一角で、コンドミニアムや大型のショッピングモール、バー、レストランが多いエリアです。

ナカシン
ナカシン
屋台街のガーニー・ドライブも徒歩圏内。

楽天トラベルで予約すると「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!!

場所とペナン空港からの行き方

ホテルの場所はペナン国際空港から少し距離があります。

島には電車がないため、アクセス方法はタクシー、Grab(配車アプリ)、バス(ラピッドペナン)の3つです。

交通費を安く浮かせたいならバスですが、乗車時間は約2時間。

なので、個人旅行の場合は必然的にタクシーかGrabになると思います。

私はGrabでホテルまで行きました。

グランドフロアでチェックイン

ホテルに到着したら、グランドフロアでのチェックインをします。

そのときにウェルカムアイスが出ました。

エグゼクティブフロアの宿泊客は15階のラウンジでもチェックイン可能です。

グランドフロアは広々としています。

チェックインカウンター(フロント)も長い。

G ホテル ガーニーのルームキーがこちら。

チェックインカウンターの奥はバーになっています。

夜はここで演奏会が開かれていました。

客室へはチェックインカウンターの反対側にあるエレベーターで向かいます。

エグゼクティブスイートに宿泊

ここからは、私が宿泊したエグゼクティブスイートの紹介です。

一人旅でスイートルームに宿泊しても喜びを共有できないので、正直アップグレードといわれても微妙でした。

でも、スイートルームに宿泊できる機会なんてそうありません。

最初で最後かも知れないので、を有難くお受けして最上階の15階へ。

一人旅には広すぎるリビングとベッドルーム

入室した感想は、

「これまでに宿泊したホテルの客室の中で断トツに広い」!!

エグゼクティブスイートは2部屋で構成されていて、ドアを開けるとこのリビングルームが目に入りました。

詳しく見ると、部屋の中央には丸いテーブルと椅子。

テーブルの上にある小箱にはクッキーが入っていました。

もちろんこれはホテルからの無料サービス。

食べると翌日、部屋の清掃時に補充してくれます。

ソファーもこのデカさ。

木製のデスクは壁に固定されています。

壁にはコンセントとUSB端子がありましたので、パソコンをしながらスマホの充電もすることができました。

今度は隣のベッドルームに行ってみます。

リビングと同じ広さの部屋にキングサイズのベッドが1台。

テレビはリビングとベッドルームにぞれぞれ設置されていました。

枕元には目覚まし時計、ペットボトルの水、電話、メモ帳、コンセント。

ベッドルームの隣に洗面台、トイレ、シャワールーム、バスタブがあります。

ミニバー、冷蔵庫、バスルーム、トイレ

ミニバーは普通の部屋と同じでした。

ペットボトルの水2本に、コーヒーメーカー、湯沸かしポット、MILO、コーヒーに紅茶といった感じです。

冷蔵庫の中もスカスカですが、お菓子や飲み物は全部無料です。

ここも毎日補充してくれるため、その都度空にしてお土産に持って帰りました。

クローゼットはバスルームの中でした。

普通は部屋の入口付近にあるので、これはエグゼクティブスイートっぽいですね。

セーフティーボックスとバスローブ。

スリッパとアイロン。

洗面台も広いです。

アメニティはオーストラリアのオーガニックブランド「ELOURA」を採用。

洗面器の周辺にはティッシュと石鹸置きがありました。

洗面台も十分なスペースがあります。

洗面台の左にフェイスタオルとドライヤー。

エグゼクティブルームにはシャワールームとバスタブの両方あります。

通常の部屋はシャワールームのみ。

シャワーはハンドシャワーとレインシャワーの2つ。

こちらがレインシャワー。

トイレはバスルームの一番奥でした。

リビングルームからトイレに行くと、結構な距離を歩かなければなりません。

ホテル館内の施設・設備・サービス・周辺

G ホテル ガーニーの魅力はロケーションや客室の豪華さだけではなく、ホテル館内の施設や設備が充実していることにあります。

ホテルにはフィットネスジム・屋外スイミングプール・スパなどのウェルネス系から会議室・宴会場などビジネス用の施設まで完備しています。

ナカシン
ナカシン
滞在2日目の朝にホテルの内部と周辺を散策してみました。

屋外スイミングプール・バー(無料)

海外の高級ホテルと言えばスイミングプール。

Gホテルガーニーのプールはホテル3階の屋外で大人用25mと子供用の浅い水遊び用のプール(写真の左)があるので、家族で楽しむことができます。

プールサイドの休憩エリア。

周辺は建物で囲まれているので景色はいまいち。

プールバーも併設されています。

開放時間:8:00~22:00
場所:3階

フィットネスジム(無料)

同じ3階にはフィットネスジムでトレーニングをすることもできます。

ビーチを見ながらルームランナーで汗を流せるのは気持ちよさそうですが、個人的には旅行に来てまでエクササイズしたいとは思いません。

筋トレマシーンも色々と揃っていました。

ジムの中には絨毯が敷かれた、エアロビクスルームもありました。

バランスボール、サンドバッグ、グローブ、ダンベルが置かれているのを見るとエアロビやボクシングのトレーニング場なのでしょう。

開放時間:24時間
場所:3階

ヘアーサロン(美容室)

プールやフィットネスジムと同じ3階にあるヘアーサロンです。

「BAPTAIN HAIR SALON」という名前のお店で、ペナンに7店とマラッカに1店あるらしいのでカリスマ的な美容院なのかも知れません。

営業時間:11:00~20:00
場所:3階

スパ・マッサージ

ヘアーサロンの反対側には「DANAI Spa」というマッサージのお店もあります。

海を見ながらマッサージをしてもらえるサービスが女性客に人気で、とてもリラックスできる雰囲気みたいですよ。

営業時間:10:00~22:00
場所:3階

Gアートギャラリー(無料)

グランドフロアのフロント横にある階段を上がると、このような絵画を展示しているアートギャラリーを見つけました。

開放時間:24時間
場所:1階リンクブリッジ

宴会施設

Gアートギャラリーと同じ1階をぶらぶらすると、結婚式の披露宴・企業のセミナー・パーティーなどに使えそうな宴会場がありました。

誰もいなかったので勝手に中に入って撮影です。それにしても広い!!

ペナンで1番の日本料理店「味楽 Miraku Restaurant」

G ホテル ガーニーには「味楽」という人気の日本料理店があります。

私は今回の滞在中に訪れることはできませんでしたが、ペナン在住の日本人が和食を食べたくなったときに来る、本格的な日本料理屋だそうです。

ナカシン
ナカシン
海外旅行で日本食は避けたいところですが、ここは次回来てみたいですね。

営業時間:12:00~14:30 & 18:00~22:30
場所:1階

萬香餅家 BAN HEANG

ホテルに入ってすぐの左手にあるのが、萬香餅家(BAN HEANG)

1997年にペナンで創業したお菓子屋さんで、Gホテルガーニーの店以外にもペナンで8店舗出してますのでお土産の購入におすすめ。

店内では試食をすることもできますよ。

「アーモンドスライス」という薄焼きのビスケットを買ってみました。

営業時間:9:00~21:00
場所:グランドフロア入口付近

レンタサイクル

ホテル館内の散策を終えてから、少し外に出ようとすると玄関に自転車を発見。

海外の街を自転車で走るのって新鮮で、台湾の旗津半島でもレンタサイクルを体験しましたがマレーシアの暑さと日差しは台湾以上なのでパスですね。

営業時間:24時間
場所:グランドフロア

Gホテルとガーニープラザの連結部

Gホテルガーニーとショッピングモールのガーニープラザはこのように隣接しています。

1階(マレーシアで言うグランドフロア)には飲食店・カフェ・バーなどがたくさんありますので、食事やショッピングには困ることはないでしょう。

日本のラーメンチェーン店の一風堂もペナンに店を出していたんですね。

 

エグセクティブラウンジ(15階)

今度はエグゼクティブルームの宿泊客のみアクセスできる、15階のエグセクティブラウンジについて紹介したいと思います。

2019年11月にウェスティンホテル東京のエグゼクティブフロアに泊まったので、どういうシステムなのかは大体把握しておりました。

ウェスティンホテル東京のエグゼクティブルームに一人で宿泊!!ラウンジ・朝食・アメニティは?
ウェスティンホテル東京のエグゼクティブルームに一人で宿泊!!ラウンジ・朝食・アメニティは?こんにちは、ナカシン(@nakashin2018)です。 今回は東京への一人旅で宿泊した、ウェスティンホテル東京のエグゼクティブル...

エグゼクティブフロア滞在の特典はどこのホテルでも基本同じで、ラウンジでの朝食・イブニングカクテル・チェックインとチェックアウトなどのサービスです。

Gホテルガーニー エグゼクティブルーム宿泊特典
  • ラウンジアクセス(6:00~22:00)
  • ラウンジでの朝食(6:30~11:00)
  • イブニングカクテル(18:00~20:00)
  • ウェルカムアイス
  • ラウンジでのチェックイン&チェックアウト
  • 無料靴磨きサービス
  • 無料市内通話サービス
  • 無料VCD・DVDプレーヤー貸出サービス

ナカシン
ナカシン
今回の滞在中は朝食とイブニングカクテルを利用しました。

ラウンジ内部の雰囲気

朝一番乗りでエグセクティブラウンジに潜入しました。

内部はワンフロアではなく、小さめの部屋がいくつかに分かれています。

ファミリー向けの席も。

15階ラウンジからの景色です。

砂浜が目立ちますが、この辺は去年まで海だったらしく最近埋め立てられて今後、ホテルやコンドミニアムが立ち並ぶそうです。

ナカシン
ナカシン
数年後は絶景がなくなり、高層ビル群に囲まれそうですね。

ラウンジの朝食メニュー

食パンとトースター。

クロワッサン、ドーナツ、デニッシュ、クラッカー、ドライフルーツ、チーズ。

ハム、サーモン、サラダバーの野菜。

フルーツはバナナ、メロン、オレンジ、スイカ。

ホットミールはシューマイから。

フライヌードル(日本の焼きそば)。

グリルフィッシュ。ボールに入っているソースをつけて食べます。

「Turkey Slices」と札に書いてあったので、七面鳥の肉をスライスした料理でしょうか?

マレーシアの国民食「ナシレマ」。

ナシレマはココナッツミルクで炊いたご飯料理で、サンバルソース(真っ赤な辛味ソース)にキュウリ、揚げた小魚などを添えて食べます。

卵料理を作ってくれるエッグステーションで、オムレツをオーダーしました。

ドリンクはコーヒー、紅茶、お茶、ジュースと一通り揃ってる感じです。

缶ジュース、ペットボトルの水、ヨーグルト、デザートは冷蔵庫の中。

イブニングカクテル

エグゼクティブルームの宿泊客は夜の6時~8時の時間帯に開催されるイブニングカクテルサービスに参加できる特権があります。

カクテルタイムではアルコール飲料や軽食が提供されるので参加しないと損!!

ナカシン
ナカシン
アルコールが飲めない私はソフトドリンクと軽食でお腹を満たしました。

ワインにウィスキー、ジントニック!!

日本のアサヒビールも飲み放題です。

食べ物は朝食と同じビュッフェスタイルでガツガツ系ではなくフルーツ、デザート、お菓子、チーズといった軽食中心。

ホットミールも少し並んでいて、これはスパイシーパスタ。

ムール貝のチリソース。

他にもいくつかありましたが、一口サイズで食べられる料理が多くご飯のような炭水化物がなかったので夕食代わりとまではいきません。

サラダバーの野菜は朝食時より多いかも。

 

TASTE CAFEでの朝食(グランドフロア)

ホテルの朝食はグランドフロアの「TASTE CAFE」で取ることもできます。

毎日同じラウンジでも面白くないので、滞在2日目の朝は「エグセクティブラウンジ」、3日目は「TASTE CAFE」に行ってみることにしました。

ラウンジのビュッフェと似ていますが、メニューは多いです。

ナカシン
ナカシン
場所は入口から見てグランドフロアの一番奥にあります。時間は6時半から10時半まで。

クロワッサンは大好きなので、何種類かあってうれしい。

ドーナツはラウンジにもありましたが、マフィンはなかったような。

トースターは業務用の大きいやつでした。

チーズコーナー。

サラダとフルーツはラウンジよりも充実しています。

ワッフル、フレンチトースト、野菜カレー、ロティチャナイ(写真には載ってません)。

ロティチャナイはインド系マレーシア人の朝食やおやつに人気のローカルフードで、小麦粉の生地を薄く伸ばして焼いたパンのようなものにカレーソースをつけて食べます。

外はパリッとサクサク、中はもちっとしてかなり美味しかったのでおすすめ!!

ホットミールも色々とあったのですが、ここはお客さんが多くて個別に中を開けて写真を撮るのが難しかったので省略です。

ここのカウンターはエッグステーションとヌードルバーが併設されていました。

ホットドリンクコーナー。

ジュース、デトックスウォーター、牛乳、写真が切れてる左の方にはシリアルが並んでいました。

ヨーグルトと前列はフルーツポンチのようなデザート系だと思います。

この朝、私が食べたものはこんな感じ。

エッグステーションでオムレツを注文して、フレンチトースト・ロティチャナイ・固焼きパン、あとはサラダとフルーツでまとめました。

Gホテルガーニー(ペナン島)のエグゼクティブスイート宿泊記:最後に

以上、ペナン島のGホテルガーニー、エグゼクティブスイート宿泊記でした。

初めてのペナン旅行でしたが、ホテルに関してはGホテルガーニーを選択して正解だったと思います。

おひとりさまで宿泊するには1泊15,000円以上するため、決して安くはありません。

でも、朝食付きでラウンジにアクセスでき、部屋の広さ、館内設備やサービス、ショッピングモールに隣接するロケーションを考慮すると一人旅でもありでしょう?

シンガポールでこのレベルなら2倍以上はしますからね。

強いてマイナス点を挙げるなら日本語が通じないことと、観光スポットが多いジョージタウンの中心地まで少し離れていること。

それもGrabを使えば、たいした問題にはなりません。

次、ペナンに来る機会がまた泊まりたいと思うホテルでしたね。