台湾

H2O(エイチツーオー)ホテル高雄に宿泊。朝食とウォシュレット付きトイレが良かった

高雄のウォシュレット付5つ星ホテルH2O(エイチツーオー)宿泊体験記

こんにちは、ナカシン(@nakashin2018)です。

今日は台湾高雄で2連泊した、5つ星ホテルのH2O エイチツーオーホテル(水京棧国際酒店)の宿泊体験記を書いていきます。

台湾は物価が安いため2人旅で、1人1万円も出せば結構いいとこに泊まれます。

日本人ではビジネスホテル並みの宿泊料金ですので、どうせならケチらず宿泊に少しお金をかけて高級ホテルのサービスを体験してみてはいかがでしょうか?

高雄の観光はMRTでの移動をメインに考えていたため、左営駅(台湾新幹線の駅)からあまり遠くない場所で、予算1泊1万円程度のホテルを探すことにしました。

で、見つけたのが、巨蛋站駅から徒歩4分と立地抜群で5つ星のH2Oホテルだったのです。

H2Oには2日間という短い滞在でしたが、綺麗で清潔感があり、内部の設備、アメニティ、朝食、サービス、セキュリティ、スタッフの対応と全て申し分ありませんでした。

セイヤ
セイヤ
とくにトイレが凄くて海外では稀なウォシュレット付きで、便座は自動開閉式!!

今度、高雄に来た時も絶対に泊まりたいと思うぐらいの満足度だったので、ホテルの施設、泊まった部屋、食べた朝食、受けたサービスを詳しく紹介します。

H2O エイチツーオーホテルの基本情報

まずは、H2O エイチツーオーホテル(水京棧国際酒店)の基本情報です。

住所 80453海外高雄市鼓山区明華路366号
電話番号 7-553-7001
交通アクセス 巨蛋站から徒歩5分、左営駅より車で約15分
チェックイン 15:00(最終チェックイン 24:00)
チェックアウト 12:00
総部屋数 157室
日本語対応 日本語を話せるスタッフ常駐
部屋設備 テレビ、電話、インタネット回線、
湯沸かしポット、お茶セット、ミニバー、
ドライヤー、アイロン、ベビーベッド、
石鹸、ボディーソープ、シャンプー、洗顔ソープ、
ハミガキセット、カミソリ、シャワーキャップ、くし、
タオル、バスタオル、バスローブ、スリッパ、
セーフティーボックス、プラグ
 館内設備 レストラン、バー、ラウンジ、プール(屋上)、
送迎サービス、クリーニングサービス、ルームサービス、
トレーニングジム、モーニングコール、宅配便、両替 

H2Oは2017年にオープンしたまだ新しいホテルです。

瑞豊夜市、巨蛋駅、高雄アリーナ、漢神アリーナ・ショッピングプラザ(漢神巨蛋)が徒歩圏内にあり、コンビニやレストランも近いので便利です。

ホテルの設備面では、必要なものは一通り揃っていて困ることはないと思いますよ。

フリーランスにとって重要なネット回線も高速でしたし、部屋のアメニティは手ぶらでチェックインしてもいいぐらいの充実ぶり。

セイヤ
セイヤ
トイレには最新式のウォシュレットがあり、バスルームのシャワーの出も完璧でした。

気になる言葉の問題ですが、フロントには日本語が話せる可愛い女性がいます。

私たちがチェックインした時はその方が対応してくれて、少しブロークンな日本語で一生懸命にホテルの館内や部屋の設備について説明してくれました。

海外ホテルの予約サイトでH2Oホテルの格安料金を見てみる!

場所とMRT最寄り駅からの行き方

H2Oホテルへの行き方はとても簡単で、MRT巨蛋站駅から徒歩5分以内の距離。

もし大きな荷物を持っていて徒歩での移動が困難な場合は、左営駅(台湾新幹線の駅がある)や高雄空港からタクシーを利用するといいでしょう。

料金は左営駅から約150元、高雄空港からは約600元ぐらいです。

H2Oホテルには左営駅からホテルまでの無料送迎サービスというのがあって、チェックインする日の1日前に予約すれば利用できます。

恐らくホテルを予約したサイト経由でメール(英語)連絡が届くと思います。

ナカシン
ナカシン
高雄空港からMRTで移動したので、送迎は利用しなかったけどね。

チェックインカウンターは20階

ホテルに到着して中に入ると、正面にこのようなカウンターがあってホテルのスタッフが1~2人常駐しています。(この瞬間はたまたま写ってません。)

てっきりここでチェックインするのかと思いきや、20階に行ってくれとのこと。

エレベーターで20階まで上がると、チャックインカウンターが見えてきました。

写真のようにかなりの高層階で景色は最高、ロビーには椅子とテーブル、そしてキスをしようとしているカップルのオブジェがあなたを迎えてくれます。

チェックインカウンターは2台あって、夜はこんな感じです。

同じフロアにはRippleというフランス料理のレストランもあります。

チェックイン当日にウェルカムドリンクのサービスがあるとのことで、その日の夜こちらのレストランで頂きました。

朝食付きで部屋を予約した場合、Rippleでビュッフェを利用することになります。

 

デラックスツインルームに宿泊

宿泊した部屋はデラックスツインルーム。

部屋の広さは36㎡とまあ普通で、窓から見える景色は集合住宅、シングルベッド2台、カウチソファー1台、デスクと椅子が置かれていました。

ナカシン
ナカシン
綺麗で清潔感のある雰囲気でしたね。

部屋の様子

ツインなのでベッドは2台。枕は1階で販売もされています。

ベッドのすぐそばにはソファが1台置かれていました。

ソファの正面には机と椅子、かばん置きのような木製の家具が1つ。無料Wifiが使えるのでここでPCを広げて仕事ができます。

洗面台、バスルーム、トイレ(ウォシュレット付)

洗面台は最近海外のホテルでよく見る皿のタイプです。

アメニティ、タオル、ドライヤー、そして歯を磨いたあとに口をゆすぐためのミネラルウォーターとタンブラーまで置かれていました。

ナカシン
ナカシン
ランクの低いホテルだとまずないサービスですね。

洗面台の右においてある黒い箱を開けると、アメニティ一式が入っていました。

それぞれの箱を組み合わせると、金魚が泳いでいる1枚の絵になります。

バスタブも備えつけられています。しかもテレビ付き!!

でも、海外特有のシャワーカーテンがないバスタブでしたので、バスルームを水浸しにしてしまうのが嫌で使いませんでした。

バスタブの反対側にはトイレとシャワールームがあります。

トイレはドアを開けると自動的にフタが開く仕組みで、用を足した後も「流す」のボタンを押すことなく勝手に水が流れます。

セイヤ
セイヤ
海外のホテルではウォシュレット付きも珍しいのに、この最新システムには驚きました。

ウォシュレットは日本のTOTO製なので使い方は同じ。

トイレのすぐ横はシャワールームで、シャワーは水量と温度の調節ができます。

ホテルによっては水の出が悪かったり、シャワーヘッドが固定式で動かせず使い勝手が悪いこともあるのですが、H2Oは問題ありませんでした。

シャンプー、コンディショナー、バスジェルも用意されていました。

その他部屋の設備とH2Oホテルのサービス

入り口ドア付近のクローゼットを空けるとバスローブ、スリッパ、そしてセーフティーボックスがありました。

部屋のミニバーでコーヒーやお茶を自由に飲むこともできます。

もちろん冷蔵庫も完備されていて、中にはジュースとミネラルウォーターが入っています。

ちなみに、「客室内に用意されているお菓子、ジュース、ミネラルウォーターは全て無料です。」とのこと。

ナカシン
ナカシン
水が無料っていうのは多いですがお菓子とジュースもタダって信じられますか?

さらに、チェックインした9月13日は中秋節という台湾の祝日で、部屋にあったお菓子とは別に、この高級そうな和菓子(台湾菓子?)も丸々1箱サービスで頂きました。

恐らくお店で買ったら、2,000~3,000円するのではないでしょうか?

これまで国内外のホテルに30回以上宿泊しましたが、H2Oホテルほどのサービスを受けた経験は一度もありません。

部屋にチェックインしてホテルスタッフの説明を聞いた段階で、早くもこのホテルのファンになってしまいました。

セイヤ
セイヤ
あとで別料金が請求されるのではと少し疑ってしまうほどです。

レストランRippleに潜入

チェックインした時にちらッと覗いた、レストランRippleでウェルカムドリンクと朝食を頂いたのでその時の様子もレポートしておきます。

ウェルカムドリンク

閉店間際の夜9時過ぎに行きましたので、お客さんは全然いません。

高級そうなホテルのレストランで、サービスのドリンクだけを飲んで帰るのは少し気が引けますが、そこは気にしないようにしましょう。

せっかく台湾に来たので、日本で飲めないお茶を頂いて部屋に戻りました。

朝食のビュッフェ

翌日の朝食は席に案内されると、最初にメニュー表を持ってきてくれます。

6種類の中からメインディッシュ、そしてドリンクを注文するとあとからスタッフが運んできてくれるシステムでした。

ナカシン
ナカシン
料理はワンプレートにメインディッシュと副食が盛り付けられます。

で、それプラス自分で好きなものを取ってきて食べるビュッフェスタイル

プレートの料理だけでも結構お腹いっぱいになりますので、女性や食の細い人はビュッフェの料理を追加で食べる余裕はないかも知れません。

一応ビュッフェの写真も撮っておきましたので、紹介していきますね。

最初にパンコーナーから。

あまり種類は多くありませんが、トースト、バゲット、ベーグルがあってジャムやマーガリン、トースターも置いてました。

続いて、ホットミール。

メインディッシュと副食でお腹いっぱいになったので、食べませんでした。

卵料理を作ってもらおうと思って聞いてみると、こちらはメインディッシュの調理中なので出来たらお持ちしますとのこと。

コールドミールとサラダのコーナー!!

フルーツは4種類と若干少なめ。

ドリンクバーもありますので、おかわりも自由ですよ。

デザートはケーキ、ヨーグルト、アイスクリームと種類が豊富。

配膳された料理とビュッフェの写真を撮りました。

「中華式おにぎり」をメインディッシュとして注文したのに、なぜか「牛丼の照り焼き」をスタッフは持ってきてくれました。

まあ海外ではよくあることで、強いこだわりもなかったので文句は言ってません。

セイヤ
セイヤ
朝から食べ過ぎてしまいましたがどれも美味しかったので良しとします。

 

ホテル内を散策して施設をチェック

H2Oは5つ星と言うだけあって、ホテル内の施設もプールやラウンジ、ジム、会議室が完備されており充実していました。

実際に利用する機会はなかったのですが、写真を撮りましたので紹介していきます。

ラウンジとジム(19階)

朝食後に撮影のために立ち寄ったので、まだ開いていませんでした。

外から見た限りでは、結構広いラウンジで入り口のところでドリンクや軽食を頂けるような作りになっています。

開放時間:9:00~22:00

ジムもラウンジと同じ19階で、こちらは朝からでも中に入れました。

ウォーキングマシーン、鉄アレイ、それとバランスボールがあって宿泊客なら誰でも無料で利用することができます。

開放時間:6:30~23:00

プールとバー(屋上)

最後に屋上のプールと併設されているバーになります。

こちらの施設も宿泊客は無料で利用することができますが、わたしたちはプールで遊んでいる時間はありませんでした。

プールの長さは20mぐらいだと思います。

ソファーやテーブルもたくさんあるので、リラックスできそうな雰囲気!!

バーカウンターになります。夜になると宿泊客でにぎやかになるのでしょう。

隣にはダーツができるスペースもありました。

開放時間:6:30~18:00(プール)、19:00~1:00(バー)

 

H2Oホテルの予約はエクスペディアから

ホテルはエクスペディア経由でデラックスツインルームを予約しました。

エクスペディアでは会員登録(無料)をすると、特定のホテルが特別価格で利用できたり、半額オフやシークレットセールなどの招待メールも届きます。

この時は10%オフでしたので、1泊1部屋17,383円

2泊分に税金とサービス料5,216円が追加されて合計39,982円の支払いとなり、1人だいたい1泊1万円と予算の範囲内に収まりました。

宿泊料金につきましては、サイトと予約のタイミングによって価格が異なるため、「最安値がいい!」という人は、ホテル予約サイトで比較してください。

海外ホテルの予約サイトでH2Oホテルの格安料金を見てみる!

 

H2O(エイチツーオー)ホテル高雄に宿泊。朝食とウォシュレット付きトイレが良かった:まとめ

以上、高雄のウォシュレット付5つ星、H2Oホテルの宿泊体験記でした。

今回H2Oホテルに宿泊して、このホテルをあなたにおすすめする理由を最後にもう一度まとめておきましょう。

実際に宿泊してH2Oホテルの良かった点
  • ホテルの設備が新しくて綺麗
  • ウォシュレット付きの最新トイレ完備
  • 交通の便が良い
  • 左営駅までの無料送迎サービス
  • ウェルカムドリンクを頂ける
  • 冷蔵庫の中と部屋のお菓子、飲み物が無料
  • 朝食が美味しい
  • 日本語を話せる女性スタッフが可愛い

反対に悪かった点は何なのかと言うと、ぶっちゃけありません。

海外のホテルに宿泊するとたいてい何かしら不満な点は出てくるものなのですが、H2Oホテルに限って言えばないですね。

強いて不満をあげるとすれば、日本語を話せるスタッフの数が少ないことでしょうか?

でも、それは海外ホテルなら普通のことなので大した問題ではありません。

また高雄に来る機会があれば絶対に泊まりたいと思うので、高雄でホテル探しをしている人はH2Oホテルを検討してみてください。