関西

枚方市・八幡市から関西国際空港(関空)まではリムジンバスがコスパ最強!!

枚方市・八幡市から関西国際空港(関空)まではリムジンバスがコスパ最強!!

こんにちは、ナカシン(@nakashin2018)です。

今日は大阪府枚方市と京都府八幡市から関西国際空港(関空)を結ぶリムジンバスについて書いていきます。

枚方と八幡の住民が関空へ行くには主に5つの方法があります。

  • ラポールひらかた・くずは・高速京田辺からリムジンバス
  • 電車を乗り継ぐ(京阪、JR西日本、大阪メトロ、南海)
  • タクシー
  • 家族、知人に車で送迎してもらう
  • マイカーで行く

家族や知人に送迎してもらうと、一番楽です。

ただ、枚方や八幡から関空までは結構遠いですし、高速道路料金も馬鹿になりません。

ナカシン
ナカシン
マイカーで行くと駐車料金も別途必要。

そうなると、リムジンバスか電車の2つが選択肢になりますよね?

私はこれまで「リムジンバス」「京阪+JR」「京阪+大阪メトロ+南海」と3つの方法を利用したことがあります。

その中で、リムジンバスがコスパ最強だと断言できますので、メリットと乗車方法をまとめました。

関空リムジンバスは電車よりもメリットがいっぱい

まず最初に、リムジンバスのメリットから。

単純に運賃だけで比較すれば、電車だと片道1,500円ぐらいなので、リムジンバスよりも断然お得。

しかし、バスには少し高いお金を払ってでも利用する価値があるのです。

関空まで確実に座って行ける(トイレも完備)

リムジンバスは座席定員制ですので、予約しておけば必ず座れます。

枚方・寝屋川系統は「くずは」、または「ラポールひらかた」発で「寝屋川市」に寄ってから関西国際空港へ向かいます。

所要時間が最大2時間近くかかるため、座りたいですよね。

一方、電車の場合、京阪で座れたとしても、乗り継ぎ先の大阪メトロ、JR、南海電車では混んでいることも。

セイヤ
セイヤ
早朝や夕方の通勤時間帯はまず座れないですね。

また、リムジンバスの最後尾にはトイレも完備されているので安心です。

乗り換え不要で荷物を預けられる

荷物の持ち運びが不要なのも、おすすめ理由の1つです。

スーツケースを引いて歩いたり、駅の階段やスロープを上り下りするのは思った以上に体力を消耗するもの。

最近はどこの駅でも、エレベーターやエスカレーターが設置されるようになりました。

とはいえ、空港までの間に電車を乗り換えること自体が面倒ですよね?

枚方市と八幡市の住民が電車で関空に行く場合、京阪とJRのどちらを使っても関空まで直通ではありません。

ナカシン
ナカシン
必ず乗り換えが必要ですからね。

その点、リムジンバスなら空港まで1本!!

荷物はトランクに預けられますし、乗車すれば途中で乗り換える心配もなく関西空港のターミナルビルに到着します。

LCC専用の関空第2ターミナルでも降車可能

関西国際空港にはLCC(格安航空会社)専用の「第2ターミナルビル」もあります。

LCCのピーチ・アビエーションと春秋航空が利用していて韓国、台湾、香港、上海に毎日定期便を飛ばしています。

私も2度ほど利用しましたが、ここは関西空港駅から離れているのが難点。

電車で来た場合、第2ターミナルへは無料シャトルバスでの移動となります。

でも、リムジンバスなら安心!!

第1ターミナル、第2ターミナルの順に停車してくれるため、空港内をシャトルバスで移動する必要がありません。

さらに、バス停は出発ロビーに近く、バスを降りると即チェックインできます。

どの停留所から関空行きのバスに乗るべきか?

次は枚方市民と八幡市民が利用する、バスのりばについて。

のりばが3か所あるので、初めて関空へ行く人はどの停留所からリムジンバスに乗ったらいいのか悩むと思います。

セイヤ
セイヤ
そこで、くずは駅、ラポールひらかた、高速京田辺と3つの停留所から乗る場合を想定して比較してみました。

京阪くずは

1つ目、京阪くずは駅から乗車する場合の詳細情報を表にまとめました。

枚方・寝屋川系統の時刻表はこちらから確認できます。

のりば 駅前ロータリーのりば1
片道運賃 2,300円
往復運賃 4,100円(乗車日より14日間有効)
本数(京阪くずは→関西空港) 0本
本数(関西空港→京阪くずは) 0本
所要時間 約1時間45分
乗車券販売店 アンスリーくずは店(当日)、その他コンビニ(予約)
支払い方法 現金のみ
電話予約(京阪バス予約センター) 075-634-8444(9:00~19:00)

以前は、早朝の2便のみくずは始発でしたが2020年5月10日以降は休止状態です。

樟葉から乗車する場合、往復乗車券(4,100円)を購入すれば帰りは枚方での降車も可能。運賃も片道切符(くずは⇒関空2,300円、関空⇒枚方2,100円)をそれぞれ買うよりかは300円分お得になります。

枚方市(ラポールひらかた)

2つ目は、枚方市から乗車する場合の詳細です。

のりば ラポールひらかた
片道運賃 2,100円
往復運賃 3,800円(乗車日より14日間有効)
本数(ラポールひらかた→関西空港) 0本
本数(関西空港→京阪くずは) 0本
所要時間 約1時間30分
乗車券販売店 のりば係員(当日)、コンビニ(予約)
支払い方法 現金・ICカード(関西空港交通運行便のみ)
電話予約(京阪バス予約センター) 075-634-8444(9:00~19:00)

枚方市から関空までは現在運休中です。

枚方市駅から停留所があるラポールひらかたまでは、信号待ちを含めて徒歩5~7分ぐらいかかります。

近い距離ですが、真夏に荷物を抱えて歩くと汗だくになります。

ナカシン
ナカシン
雨の日は駅からバス停まで傘もいる。

枚方市駅周辺は今後再開発されるので、リムジンバスの停留所が駅前に移転されることを期待しましょう。

高速京田辺

3つ目は高速京田辺から乗車する場合の詳細です。時刻表はこちらから。

のりば 第二京阪道路の京田辺PA
片道運賃 2,300円
往復運賃 4,100円(乗車日より14日間有効)
本数(高速京田辺→関西空港) 1日15本
本数(関西空港→高速京田辺) 1日15本
所要時間 約1時間5分~1時間10分
乗車券販売店 乗務員(当日)、コンビニ(予約)
支払い方法 現金のみ
電話予約(京阪バス予約センター) 075-682-4400(9:00~19:00)

高速京田辺は枚方・寝屋川系統ではなく京都系統なのでルートが異なります。

京都系統は京都市内から第二京阪道路を通って、京田辺PAの停留所に寄り関空へ向かう感じになります。

ちなみに、京田辺PAはJR松井山手駅から徒歩5~10分の距離です。

コロナ前は1日約50便走っていましたが、現在は15本と減便されました。

なので、枚方市・八幡市在住の人がリムジンバスで関空に行く場合、高速京田辺のみ利用可能となっております。

リムジンバスの予約と乗車券の購入方法

今度は、リムジンバスの予約と乗車券の購入です。

基本的に予約なしで行っても乗れるのですが、繁忙期や早朝・京都系統は満席になることもあります。

確実に乗るために事前予約をしておきましょう。

セイヤ
セイヤ
予約方法は電話、またはWeb予約の2つ。

電話予約

一番簡単なのは電話で予約する方法です。

  • 枚方・寝屋川系統 075-634-8444(営業時間 9:00~19:00)
  • 京都系統 075-682-4400(営業時間 9:00~19:00)

関西空港行きは、乗車日1ヶ月前から予約することが可能です。

上記の「京阪バス関西空港リムジンバス予約センター」に電話をして予約してください。

ナカシン
ナカシン
電話は話し中でつながらないことも多いですよ。

予約完了後、乗車券は事前購入と乗車日当日に購入する方法の2通りあります。

乗り場 事前 当日
京阪くずは コンビニ アンスリーくずは店
ラポールひらかた コンビニ のりば係員
高速京田辺 コンビニ・八条口自動券売機 乗務員

事前購入の場合はコンビニ、当日の場合は各乗り場によって異なります。

支払い方法は京都駅八条口自動券売機のみクレジットカードでの支払いが可能です。

2020年から枚方・寝屋川系統でも関西空港交通が運行する便限定で交通系ICカード決済が可能になりました。京阪バス運行便は引きつづき現金支払いのみです。

事前購入はコンビニに設置してあるマルチメディア端末で申込み券を受け取って、レジで決算する仕組みになります。

もしかしたら、電話予約せずにコンビニで直接購入もできるのかも知れません。

利用可能なコンビニ

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ

Web予約(発車オ~ライネット)

Web予約は発車オ~ライネットのホームページからできます。

このサイトは全国の高速バスや定期観光バスの予約もできて、路線によってはクレジットカード決済にも対応しています。

しかし、枚方・寝屋川系統、京都系統のリムジンバスは現金支払いのみ。

京阪以外の関空リムジンバス路線はどこもクレジット決済に対応しているので、京阪も早く対応してほしいですね。

乗車券の発券方法です。

「発車オ~ライネット」で予約した発券番号を控えてコンビニへ。

店頭のマルチメディア端末に番号入力して申込み券を受け取り、レジで決算して乗車券を購入する流れになります。

コンサートやスポーツの時と同様、申込み券をレジに持って行って支払うとチケットが貰えます。

こちらが枚方市から関西国際の第2ターミナルまでの往復チケットになります。

3,700円(2019年9月の金額)を現金で支払いました。

関空早朝フライトは始発バスより前泊がおすすめ

枚方市・八幡市から関空までは遠いです。

搭乗する飛行機の出発が早朝だった場合、始発のリムジンバスに乗っても間に合わうか微妙ってことありますよね?

空港には国内線で1時間前、国際線で2時間前に到着しておきたいところ。

チェックイン、荷物を預ける、保安検査場でのセキュリティチェック、そして搭乗ゲートへの移動と時間がかかります。

セイヤ
セイヤ
繁忙期には行列で待たされますよね?

バスだと高速道路の渋滞、事故による遅延、台風による暴風で関空連絡橋が通行止めになることも十分考えられます。

公共交通機関のトラブルで遅れて飛行機に乗れなかった場合、損害賠償は困難です。

航空会社も別便を手配してくれるとは限りません。

なので、早朝便を利用する場合は前日に空港周辺に到着しておいた方が無難です。

そこで、おすすめなのが空港直結の「ホテル日航関西空港」に前泊する方法です。

第一ターミナルから徒歩1分の距離なので、ギリギリまで過ごすことができます。

ナカシン
ナカシン
りんくうタウンや泉佐野市のホテルはさらに安い。

関空周辺の格安ホテルは楽天トラベルで予約すると「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!!

枚方市駅からリムジンバス乗り場までの最短ルート

最後に枚方市駅からバス乗り場までのルートを紹介しておきます。

スーツケースを転がしていく場合を想定しました。

枚方市駅には中央改札口と東改札口があるのですが、どちらも改札を出てからは下りのエスカレーターがありません。

そのため、エレベーターがある東改札口から出ると楽!!

東改札口を出たところにあるエレベーターで、1階の地上部へ下りられます。

1階の地上部に降りました。

枚方市駅北口の歩道を進んで行きます。

関西医大枚方病院や関西医科大学があるため、通行人がそこそこいます。

ここを直進。

関西医大枚方病院と関西医科大学が奥に見えてきました。

横断歩道を渡って、ここも直進していきます。

奥に小さく見える標識のところを右に曲がると、バス停が見えてきます。

以前は鉄板の壁で覆われている場所に、乗り場がありました。

記事を書いた2019年9月は枚方市総合文化芸術センターの工事中です。

現在、枚方市から関空行きのリムジンバスの乗り場はこちらの場所になります。

「ラポールひらかた」からも若干離れているので、初めてリムジンバスを利用する人には少しわかりにくいかも。

枚方市総合文化芸術センターが完成したらまた乗り場が変わるかも知れませんね。

枚方市・八幡市から関西国際空港(関空)まではリムジンバスがコスパ最強!!:まとめ

以上、枚方市・八幡市から関空までのリムジンバス乗車について書きました。

簡単ににまとめると、リムジンバスは電車よりも割高ではありますが、

  • 目的地まで確実に座ることができる
  • 乗り換えなしで荷物を預けたまま1本で行ける
  • 関空の第2ターミナルで降ろしてくれる

といったメリットがあります。

乗り場は京阪沿線ならラポールひらかた、JR学研都市線沿線なら高速京田辺から乗車すると良いでしょう。

時期や時間帯によっては混雑するので、事前に予約をするようにして下さい。

Web予約の場合は、乗車券をコンビニで事前購入する必要があります。

電話でもWebでも現金支払いにしか対応していないため、私は毎回電話予約して当日乗車券を購入するようにしています。

あと、14日以内に帰りの便に乗る予定があるなら、往復乗車券を購入するとお得です。