健康生活

生活習慣を改めるきっかけと方法、健康面での効果を紹介!!

生活習慣を改めるきっかけと方法、健康面での効果を紹介!!

こんにちは、ナカシン(@nakashin2018)です。

今日はおひとりさまにとってお金を稼ぐ事と同じぐらい重要な、健康的な生活習慣について取り上げます。

あなたは自分の健康について普段から意識しているでしょうか?

30歳ぐらいまでは特に大病でも患わない限り、普段から健康に気を遣って生活する人はそれほど多くないと思います。

私もその一人で健康が当たり前の毎日でしたが、同級生や親族が病気で亡くなった経験をしてから、自分もいつどうなるかわからないと思うようになりました。

 

そのため最近意識しているのは以下の2点です。

  • 安定した収入を得ること。
  • 病気にならない健康な体をキープすること。

仕事があっても病気がちだと医療費はかかり、仕事に穴をあけて収入は下がる。趣味も楽しめません。一方、健康体でも低収入なら食べるだけで精一杯の状態に・・・

両社のバランスがとれてこそ、充実したおひとりさまライフを送ることができるのです。

 

実家暮らしの時は、病気に限らず家族のサポートを受けれますが、一人暮らしになると全部自分でしなければなりません。

ナカシン
ナカシン
一人暮らし1年目にインフルエンザになって、しばらく寝込み一時的に収入が落ちた苦い経験があるんだよ。

 

以降、私は個人輸出入のビジネスで収入を安定させることと同時に、少しずつ生活習慣を改善して、一人暮らしでも病気になりにくい体づくりに取り組んでいます。

結果は今のところ順調。ここ2年間は風邪をひくこともなく、2018年8月の胃カメラと大腸内視鏡検査、2019年5月の特定健診でも異常なしとの診断でした。

特定健診を初受診した体験談をレポート【枚方市国保】
特定健診を初受診した体験談をレポート【枚方市国保】こんにちは、ナカシン(@nakashin2018)です。 今日は、私の住む枚方市国民健康保険からの案内で初受診した特定検診について...

 

生活習慣を改めると毎日ベストな状態で仕事に臨めるため、成果向上にもつながります。

ぜひあなたにも実践してもらいたいので、この機会に私が生活習慣を改めることになったきっかけと改善方法、そして健康面での効果を紹介したいと思います。

 

一人暮らしを始めた当初の生活習慣

まずは一人暮らしを始めて「おひとりさまフリーランス」になった2012年4月にどのような生活を送っていたか話しておこうと思います。

それまでの私は実家を離れた経験がなく、俗に言うパラサイトシングルでした。

 

掃除と洗濯はできましたが、料理は全部母親任せで自炊したことすらなく得意料理はざっとこんな感じ。

  • パンを焼
  • 卵焼き
  • ご飯を炊く
  • ラーメンを作る
セイヤ
セイヤ
ハハハ!!料理とは言えませんね。

 

自立力ゼロの人間が急に一人暮らしを始めても、当然料理なんてするハズはなく食事はもっぱら外食とコンビニ弁当に頼りっきり。

独身の一人暮らしで、会社勤めもしていない。お金も時間も自由に使える夢のような生活を手に入れた一方で、徐々にこれまでにはなかった体調不良を感じるようになります。

不健康な食生活の日々

では、具体的に当時どのような食生活を送っていたのか振返ってみようと思います。

この時は個人輸出入起業家デビューを果たしたばかり。収入を増やすことしか頭になく、食生活や健康面は後回しで全く意識していませんでした。

一人暮らしを始めてから3年目までの食事

朝食
・菓子パン、食パン
・コンビニおにぎり
・シリアル(牛乳をかける)
・果物(オレンジ、りんご、キューイ)

昼食
・コンビニ弁当
・冷凍食品(ピザ、パスタ、チャーハン)
・カップラーメン、カップ焼きそば

夕食
・外食(王将、リンガーハット、定食屋、ガスト、寿司屋)
・コンビニ弁当
・スーパー、惣菜屋の弁当
・ファーストフード(マクド、ミスド、ドトール、ピザハット)

間食
・スナック菓子
・洋菓子
・和菓子
・ブルガリアヨーグルト
・アイスクリーム

飲み物
・清涼飲料水(ポカリ、アクエリ)
・100%野菜ジュース、フルーツジュース

ナカシン
ナカシン
ザっとこんな感じで当時は腹さえ膨れたら食事なんて何でもOKと思っていました。

 

基本的に朝は前日にスーパーやコンビニで買ったパン、おにぎり、シリアル。それと、果物を1つ食べて簡単に済ませていました。

で、平日の昼はセブンイレブンの宅配サービス「セブンミール」を頼んで、週末は冷凍食品やカップラーメンを食べる。

夜は外食中心で、店が混んでたり仕事で忙しい時は再びコンビニ弁当。またはスーパーや惣菜屋の弁当といった感じです。

 

ナカシン
ナカシン
この食生活の問題点を書き出してみるとこのようになります。
  • 栄養のバランスが悪い
  • 炭水化物(糖質)の取りすぎ
  • 食品添加物の取りすぎ
  • 野菜不足

睡眠と運動などその他の生活習慣は?

食事以外の生活面ではどうだったかと言うと睡眠については仕事の都合上、早寝早起きするのが難しい状況です。

個人輸出がメインのため、時差の関係で夜遅くまで海外の友達やお客さんとチャットやメールでやり取りする機会が多く、床に就くのが遅くなってしまいます。

 

それでも、毎朝早く起きて満員電車に揺られて会社に出勤する必要はありません。

夜が遅くなっても朝遅くまで寝てるので、睡眠に関しては一般のサラリーマンよりも取れていると思います。

ナカシン
ナカシン
毎日、睡眠は6~7時間だと思う。昼寝もしてるね。

 

運動に関しては、当時全くと言っていいほど動いていませんでした。

自宅が職場で常にデスクで仕事をしているか、動くと言っても商品撮影や梱包、出荷で郵便局に行く。あとは食事や買いだしてスーパー、コンビニへ行く程度。

セイヤ
セイヤ
もう半分ひきこもりのような生活ですね。

 

一つ救いなのは、アルコールは全く飲まず喫煙もしないということ。飲みに出歩くことがないので、その分お金も時間もビジネスに投資できたと思います。

 

生活習慣を改めることになったきっかけ

とまあこんな感じで、2012年4月におひとりさま生活を始めてから不健康な生活を送っていた私は徐々に体のあちこちに異変を感じるようになりました。

どういった異変かと言いますと、

  • 風邪をひきやすくなった
  • 生まれて初めてインフルエンザに感染した
  • 慢性的な胃の不調を感じるようになる
  • 下痢や便秘に悩まされる
  • 頭痛が頻繁に起こる
  • 白髪が増える
  • 抜け毛が増える

初めてインフルエンザに感染

まず、一人暮らし1年目の冬2013年の2月に初めてインフルエンザに感染しました。

元々幼少期から体は健康な方で病気で学校を欠席することもあまりなく、大人になってからも風邪をひいて寝込むようなことは数年に一度しか記憶にありません。

 

しかし、この年は3回ぐらい風邪で熱が出てその内の1回はインフルエンザでした。

近所の竹広内科(2019年に特定健診を受診)に初めて行き、「念のためインフルエンザの検査をしておきましょう。」と先生に言われ鼻に綿棒を突っ込まれます。

ナカシン
ナカシン
結果は自分でも驚きの陽性!!

3~4日仕事をやる気力もなく一人で寝ていて食事の用意、洗濯、掃除も満足にできず初めて健康で過ごせることはありがたいことを実感することに・・・。

ピロリ菌の検査で陽性反応

2年目以降、インフルエンザに感染することはありませんでしたが、微熱程度の風邪は何度か経験していました。

それとは別に食後の胃もたれ、ゲップ、吐き気、下痢など慢性的な胃腸障害を感じるようになります。

ナカシン
ナカシン
ただ、幼少期から胃腸が弱く加齢の影響だと思い放置。

 

で、2014年に枚方市から満35歳以上の市民を対象にピロリ菌抗体検査(血液検査)を500円で受診できるというハガキがポストに入ってるのを目にします。

ピロリ菌は胃の表層を覆う粘液の中に住みつく菌で、感染したまま放置しておくと慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍かいよう、胃がんなど様々な病気の発生要因となります。

 

実は私の母方の祖父は胃がんで他界し、母親の弟である叔父も胃がんで闘病生活を経験。母親もピロリ菌保菌者だったので、即申し込むことを決意します。

検査はインフルエンザ感染でお世話になった竹広内科でやってもらったんですが、嫌な予感が的中してなんとピロリ菌陽性反応と診断されてしまいました。

胃カメラ検査を受けた結果

陽性反応が出た場合、胃がんを予防するために除菌を勧められますが、内視鏡検査でピロリ感染性胃炎と確定されない限り、薬代が保険適用されません。

ナカシン
ナカシン
なので、人生初胃カメラを受けることに。

 

竹広内科では内視鏡検査ができないため、紹介状を書いてもらい他の医療機関で受診することになりました。

それから別の病院で胃カメラを受けたところ、ピロリ菌感染による萎縮性胃炎で胃がんや胃潰瘍になるリスクが高く今後は毎年検査が必要と結構やばい診断結果が下されます。

萎縮性胃炎とは主に長期間ピロリ菌に感染することで胃の粘膜に炎症が起こり、薄くなって組織が縮小し萎縮した状態のことです。萎縮性胃炎は慢性胃炎の進化した状態でこれがさらに悪くなると、胃の粘膜が腸のようになる(腸上皮化生)、最終的に胃がんになると言われています。

 

この結果を受けて正直私はかなりビビりました!!

2人に1人が癌になる時代。胃がんの家系でピロリ菌に感染。慢性胃炎よりも進行した萎縮性胃炎になっている。

 

自分は将来的に胃がんになる確率が極めて高いことを実感させられます。

ナカシン
ナカシン
ピロリ菌を除菌して、生活習慣を徹底的に見直して癌になる確率を下げようと決心したってわけ。

 


どのように生活習慣を変えたのか?

胃カメラの検査を受けた後、ピロリ菌を除菌するための薬を飲むことになりました。

確か武田薬品工業のランサップという薬でカプセル4つと錠剤1個を1週間続けて朝晩飲む感じだったと思います。

それを服用してから、少し期間を空けて再検査。

 

しかし、残念ながら一次除菌に失敗し今度は同じ武田薬品工業のランピオンという二次除菌用の薬を飲むことになりました。

薬の構成は同じでカプセル4つに錠剤1つを1週間朝晩服用し、期間を空けてから検査。

ナカシン
ナカシン
幸いにも二次除菌でピロリ菌を完全除去できてホッとした。

 

ただ、ピロリ菌を除菌したらすぐ胃の不調が劇的に改善されるかと言うとそうではなく、既に粘膜が炎症して薄くなっている私の胃は簡単には元通りになりません。

 

また、除菌したことで「将来的に胃がんになる確率は下がったものの、決してゼロではなく今後も毎年胃カメラを受けて下さい」と言われました。

ネットで調べてみても、萎縮性胃炎は治らないとのこと。

とはいっても私は当時まだ36歳でしたので、萎縮性胃炎を治してこの際、病気にならない身体を徹底的につくってやろうと生活習慣を改める計画を立てます。

週2回ジョギングを始める

1つが運動!!学生時代はサッカーをしていましたし、社会人になってからもたまにフットサルをしていたので元々、スポーツが好きなタイプでした。

ですが、おひとりさま生活を始めて以降はフットサルどころか毎日歩くことも少くなり、外出した時、急に雨が降ってきて家までダッシュするだけでもバテバテ。

 

この状況を変えるために、週2回ジョギングをすることにしました。

3日坊主になるだけは避けようと思い、ジョギング用のランニングシューズを楽天市場で購入し気合を入れます。

ナカシン
ナカシン
樟葉と故郷の男山団地を1時間1周するコースで約8.5kmぐらい。今でも続けているよ。

食事を外食から自炊の健康食に

2つ目は、食生活の改善に取り組みます。

胃カメラ検査を受ける前は外食、コンビニ弁当、総菜などの加工食品や冷凍食品が中心で糖質、塩分、食品添加物取りすぎの胃に負担のかかる食生活でした。

 

しかし、検査で萎縮性胃炎と診断されてからは食生活を変えなければヤバいと思い、本やネットで健康食について調べるようになります。

そして、必要な栄養素を摂取するために考えたお手軽な健康自炊メニューがこれ。

ピロリ菌除菌後の食事

朝食
・具沢山煮込みスープ(野菜、卵、餅、肉)

昼食
・ご飯(白米+雑穀米)
・具沢山味噌汁(野菜、キノコ類、海藻類)
・小鉢1品(豆腐、納豆、鯖缶、ローストビーフ、果物)

夕食
・ご飯(白米+しらす)
・具沢山煮込みスープ(野菜、キノコ類、魚介類)

間食
・ナッツ類(アーモンド、くるみ)
・果物(キューイ、りんご、バナナ、みかんなど)
・あたりめ
・煮干し
・高カカオチョコレート
・ナチュラルチーズ
・無添加せんべい、無添加ポップコーン

飲み物
・水
・お茶(緑茶、麦茶、ウーロン茶)

ナカシン
ナカシン
食材を切って、煮込むだけ。料理初心者でも作れる健康食!!

 

料理をずっとしてこなかったし興味もありませんでしたから、どうやって食生活を改めるか悩みに悩みました。

出した結論が具材を切って煮込むだけの調理方法!!

 

スープも味噌汁も作り方は単純ですが、1食で有効な栄養素をバランスよく摂取できます。

料理に時間と手間をかけたくないけど、健康的な食生活をしたいおひとりさまフリーランスにとって最強の調理方法ではないでしょうか?

具沢山煮込みスープについては別の記事でも詳しく紹介しています。

一人暮らし男子でも作れる簡単で栄養満点の料理とは?
一人暮らし男子でも作れる簡単で栄養満点の料理とは?こんにちは、ナカシン(@nakashin2018)です。 今日の記事では一人暮らしをしている料理初心者の男子でも簡単に作れて、栄養...
胃腸が弱ってる時の食事、具沢山野菜スープの作り方
胃腸が弱ってる時の食事、具沢山野菜スープの作り方こんにちは、ナカシン(@nakashin2018)です。 今日は胃腸が弱っている時の食事に最適な化学調味料を一切使わない、完全無添...

 

この食事メニューに変えてから、私の生活は一変し外食する機会がめっきり減りました。

ナカシン
ナカシン
今では毎日スーパーに行って新鮮な野菜、魚介類、肉類を買って、調理するのが楽しいですよ。

 

食生活の改善と運動を始めた効果

このように食生活を改めて運動を始めましたが、残念ながらすぐ目に見えて体調が良くなったというわけではありませんでした。

ピロリ菌を除菌しても、相変わらず食後の胃もたれや不快感は続いていましたし特に脂っこいものや辛い物を食べると頻繁におなかを壊していました。

 

それでも毎年少しずつ、胃の状態は良くなり内視鏡の検査結果にも表れていきます。

内視鏡検査の所見
  • 2014年萎縮性胃炎 (胃がん、胃潰瘍のリスク高い)
  • 2015年萎縮性胃炎は改善傾向 (胃がん、胃潰瘍のリスク高い)
  • 2016年軽度萎縮性胃炎
  • 2017年軽度萎縮性胃炎
  • 2018年異常なし

ナカシン
ナカシン
2018年は一度別の病院で診てもらおうと思って、胃と大腸内視鏡を同時にやったんだけど両方異常なしだった。

 

ピロリ菌を除菌してから生活習慣を改善したことで、年々胃の炎症や萎縮が治まっていき現在では胃の不快感を感じることはめったにありません

さらに免疫力が上がったからか風邪をひきにくくなり、疲れが残ることも減りました。

結果、体調良好の毎日で仕事への集中力が増し生産性が向上。自炊するスキルも身につき、改めて生活習慣を変えてよかったなあ~と思います。

 

生活習慣を改めるきっかけと方法、健康面での効果を紹介!!:最後に

以上、生活習慣を改めるきっかけとその方法、改善後に健康面でどのような効果が表れたのかを記事にしました。

おひとりさまだと病気になったときに、サポートしてくれる人がおらず仕事に穴をあけて収入が低下する危険性が常に存在します。

 

それを避けるためにも日頃から、食事、運動、睡眠を意識して健康的な体を作りましょう。

特に食事は簡単で便利な外食やコンビニ弁当に頼りがちですが、これらの加工食品は栄養バランスが悪く、糖質や食品添加物がたくさん入っています。

ナカシン
ナカシン
もし身体の不調が続くようなら、食事が原因かも。

 

私は幸いにもピロリ菌陽性となり、胃カメラ検査で萎縮性胃炎と診断されたことがきっかけで食生活を含む生活習慣全般を見直すきっかけとなりました。

ジョギングを始めて、栄養バランスの取れた食事にしたことで体力と免疫力が増し、萎縮性胃炎の症状が緩和され風邪にかかることも減っています。

 

仕事も趣味も楽しめるおひとりさまフリーランス生活を送るためにも、今回の記事があなたの生活習慣を見直すきっかけになればうれしいです。