ホテル

ザ・リッツ・カールトン大阪のクラブフロア滞在記!!朝食・ラウンジ・アフタヌーンティーは?

ザ・リッツ・カールトン大阪のクラブフロア滞在記!!朝食・ラウンジ・アフタヌーンティーは?

こんにちは、ナカシン(@nakashin2018)です。

今日は人生の中で1度は泊まってみたかった高級ホテル、ザ・リッツ・カールトン大阪のクラブフロア滞在記を書いていきます。

SPGアメックスカードの特典を利用した2年目の無料宿泊体験です。

去年はウェスティンホテル東京、今年はリッツカールトン大阪に客室料金タダで泊まることができました。

ウェスティンホテル東京のエグゼクティブルームに一人で宿泊!!ラウンジ・朝食・アメニティは?
ウェスティンホテル東京のエグゼクティブルームに一人で宿泊!!ラウンジ・朝食・アメニティは?こんにちは、ナカシン(@nakashin2018)です。 今回は東京への一人旅で宿泊した、ウェスティンホテル東京のエグゼクティブル...

クレジットカードの年会費は34,100円(税込)!!

リッツカールトン大阪の宿泊費は一番安い部屋でも約50,000円するため、これだけでも元が取れたことになります。

ナカシン
ナカシン
浮いた分、別途31,625円支払ってクラブフロアへのアップグレードしました。

クラブフロアに滞在するとワンランク上の客室やサービスが提供されるので、これは外せません。

ただ、新型コロナウィルス感染症の影響で、現在サービスが縮小されています。

1日5回のフードプレゼンテーションが4回に、さらに食事はビュッフェ形式ではなくプレートでの提供。

でも、それなりに満足できる内容でしたので、この記事では滞在記と平常時とは異なるサービスについても詳しく紹介します。

ザ・リッツ・カールトン大阪の基本情報

まずは、リッツカールトン大阪の基本情報から。

住所 〒141-0032大阪府大阪市北区梅田2-5-25
電話番号 06-6343-7000
交通アクセス JR大阪駅・JR北新地駅・梅田駅(阪急・阪神・大阪メトロ)
から徒歩5~10分
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00
総部屋数 291室
駐車場 130台(2,100円/泊)
部屋設備 テレビ、衛星放送、CS放送(有料)、電話、インターネット回線、
モジュラージャック、FAX、DVDプレーヤー、
湯沸かしポット、お茶セット、冷蔵庫、加湿器、アイロン
ドライヤー、電気スタンド、ウォシュレット、固形石鹸、
ボディーソープ、
シャンプー、コンディショナー、
ハミガキセット、髭剃り、くし、ブラシ、パジャマ
タオル、バスタオル、バスローブ、スリッパ、金庫
 館内設備 レストラン、バー、ラウンジ、売店、宴会場、会議室、結婚式場、
売店、ベーカーショップ、フラワーショップ、エステサロン、
フィットネスクラブ、スポーツジム、プール、貸自転車、
ルームサービス、宅配便、モーニングコール、
クリーニングサービス、マッサージサービス、

ホテルは大阪の中心地である梅田にあります。

梅田はJR、私鉄、大阪メトロの各線が乗り入れるターミナルですが、ザ・リッツ・カールトン大阪の場所は正確にいうと西梅田。

人が多いJR大阪駅・阪急梅田駅・御堂筋線の梅田駅から少し離れています。

ナカシン
ナカシン
各駅から徒歩10分圏内なので、関西以外から来た人でも迷わずに行けますよ。

高級ホテルなだけあって、設備は充実しています。

ですが、新型コロナウイルスの影響で各ショップやレストラン、ルームサービスの営業時間と内容が一部変更されていました。

6階のプールとフィットネスクラブも利用人数を制限しての営業です。

館内施設をフルで利用したい人は、時期をずらしたほうがいいでしょうね。

大阪までの航空券+宿泊、高速バス、レンタカーは楽天トラベルで予約すると「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!!

ホテルの場所と行き方

公共交通機関でホテルに行く場合は、雨の日でも濡れない梅田の地下街を通りましょう。

ザ・リッツ・カールトン大阪は西梅田、オーサカガーデンシティの複合商業施設ハービスOSAKA内にあります。

私は大阪メトロ御堂筋線の梅田駅から歩いて行きました。

地下街を西に歩いて行くと、ザ・リッツ・カールトン大阪の看板が見えてきます。

こちらの入口から入って、フロントのある1階でチェックインをします。

ホテルの正面玄関

車でホテルへ向かう人は、ホテルの正面玄関から入れます。

エントランスがロータリーになっていて、フェラーリ・ランボルギーニ・ベンツなどの超高級車が停まっていました。

お馴染みのザ・リッツ・カールトン大阪、正面玄関。

記念撮影するために正面玄関から外へ出ようとすると、スタッフに「タクシーを呼びましょうか?」と言われました。

1階のフロントでチェックイン

通常のチェックインは15:00からですが、クラブフロアに宿泊するとアーリーチェックインできます。

また、高層階のクラブフロアにてチェックインすることも可能。

ナカシン
ナカシン
特にこだわりがなかったので、少し早めの14:00に1階フロントでチェックインしました。

レセプションの中央には豪華な花と天井にはシャンデリア。

ロビーには洋風の邸宅にありそうな、暖炉とソファーで金持ち気分を味わえます。

その他にもアンティークの絵画や美術品が至る所に飾られていて、高級感満載です。

宿泊客を何人か見かけたのですが、芦屋や箕面、宝塚とかに住んでそうな上品なマダムばかり。

1階の廊下というか通路もホテルっぽさがなく、ヨーロッパの城にでも来た感じ。

それでは、エレベーターでクラブフロアがある34階へ。

新型コロナウイルス感染症予防のため、スタッフの案内はエレベーターまで。

そこから客室へは宿泊客自ら行くシステムになっていました。

SPGアメックス非会員は「ザ・リッツ・カールトン大阪」を楽天トラベルで予約すると「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!!

34階クラブフロアの宿泊特典と客室の詳細

34階のエレベーターホールです。

正面がアフタヌーンティーや軽食を頂けるクラブラウンジで、反対側が客室。

クラブフロア宿泊の特典は、

  • フードプレゼンテーションに参加できる
  • 無料Wi-Fiインターネット接続
  • 無料プレスサービス(1日5アイテムまで)
  • コンシェルジュとビジネスセンターサービス
  • ウェイクアップコール時に、コーヒーか紅茶のサービス
  • クラブラウンジでのチェックイン、チェックアウト

など複数ありますが、宿泊客が楽しみにしているのは朝食を含むフードプレゼンテーションでしょう。

ナカシン
ナカシン
チェックイン後、すぐにアフタヌーンティーを頂けますよ。

その前に、部屋に荷物を置いて客室をざっとチェック。

カードキーをドアのセンサー部分にかざすと、ロックが解除されます。

クラブフロアのカードキーはブラックでカッコイイ!!

部屋の内部

部屋は広くもなく狭くもなく、ちょうど良い広さです。

入口から入って右にバスルーム、左にクローゼットがありました。

ツインルームのベッドです。

枕は2つ用意されていて、ベッドと共に私好みの硬さでしたので、夜はすんなりと眠りにつけました。

ベッドの横にはオットマン付きの一人掛けソファーと小さなテーブル。

テーブルの上にはワインボトルのサービスです。

「宿泊部フロントオブハウスディレクター」という長い肩書のスタッフからのメッセージが添えられていました。

ナカシン
ナカシン
手書きなのが何気にうれしいですね。

ベッドの間のテーブルには、電話・照明・時計・メモ帳・USBポート・コンセント・室内のスイッチが完備されています。

カーテンの開閉や照明もこのスイッチで全て操作できました。

下のチェストにはホテルの客室に必ずある聖書。

デスクとチェアーも洋風です。

ここにも電話、メモ帳、あとはホテル館内の施設やサービス案内の冊子が置かれています。

デスクの端子は電源コンセント、HDMI、RCA、LAN、USBと充実しています。

スマホを充電しながら快適にパソコン作業をすることができますよ。

テレビにDVDプレーヤー。

民放の他、CSも映りますがチャンネル数はあまり多くありません。

客室から見える絶景がこちら。

梅田スカイビル、JR大阪駅、グランフロント大阪、それとうめきた2期エリアや大阪中央郵便局跡地の再開発工事中でした。

あと数年後には、この景色も様変わりするんでしょうね。

バスルーム

バスルームは入口から入って右手にあり、バスタブ、シャワー室、トイレが独立したタイプです。

洗面台は大理石のダブルシンクで、固形石鹸、マウスウォッシュ、タオル、バスソルト、ボディーローションが並んでいました。

洗面台の右手にあるバスタブは広さ十分。

国内の外資系ホテルでも意外とついていない、シャワーカーテンがあったので私は2度もバスタイムを楽しみました。

ハンドシャワーも水の温度と水圧を自由に変えられる良品です。

ザ・リッツ・カールトンのアメニティは英国王室御用達のブランド「Asprey(アスプレイ)」。

バスルームにはシャンプー、コンディショナー、シャワージェルがありました。

洗面台の左手がシャワー室とトイレになります。

こっちのシャワーは壁に固定されたレインシャワーなので、取り外しができるタイプではありません。

一方、トイレには操作不要の自動ウォシュレット機能が搭載されていました。

洗面台の引き出し上段はアメニティ一式が入っています。

歯ブラシセット、シェービングフォーム、綿棒、くし、シャワーキャップなどなど。

下段にはドライヤー。

クローゼットとミニバー

クローゼットは入口から入って左側です。

二人で泊まるには広すぎるぐらいで、バスローブ、パジャマ、ハンガー、靴ベラ、アイロンにセーフティボックスが完備されています。

バスローブは1着しか写っていませんが、もう1着はバスルームに。

セーフティボックス下のチェストにはランドリーバッグとスリッパ。

部屋のミニバーの位置はクローゼットとベッドルームの間。

500mlのミネラルウォーター4本(無料)とコーヒーメーカー、ケトル、グラスやカップが並んでいます。

引き出しの中にはアルコール類、スナックの他、無料で飲めるコーヒーやティーバッグが用意されていました。

チェスト下の扉を開けると冷蔵庫。

中には飲み物が詰まっていますが、料金表を見るとほとんどの人は手を付ける気にはならないでしょう。

クラブラウンジとフードプレゼンテーション

ザ・リッツカールトン・大阪のクラブフロアに宿泊すると、フードプレゼンテーションに参加できます。

通常であれば5回提供されるのですが、私が滞在したときは縮小されて4回に・・・。

ナカシン
ナカシン
朝食を除くプレゼンテーションは34階のラウンジ、朝食は1階のイタリア料理「スプレンディード」でした。

15時チェックイン、11時チェックアウトだと参加できる回数は4回です。

ただ、SPGアメックスカードを所有しているゴールド会員は15時にレイトチェックアウトすることが可能。

なのでチェックアウト後にもアフタヌーンティーを楽しめるのです。

クラブラウンジの雰囲気は?

ラウンジの入口から入って左手に受付カウンターがあります。

スタッフにカードキーの提示を求められることなく、ルームナンバーを伝えると奥へ案内されました。

本棚があって日刊紙と英字新聞を読むことができます。

クラブラウンジは2017年に改装されたとのこと。

ソファーやテーブルも豪華で綺麗ですし、かなり落ち着いた雰囲気ですね。

メインルームのある奥の部屋へ。

私が到着したときはまだ誰もお客さんがいなくて私が一番乗り。

メインルームの中央にはソファーのある席があって、その他は普通のテーブル席でした。

窓際に座って景色を堪能!!

南の方角には「あべのハルカス」が見えます。

東側の真下は北新地、奥に見えるのは京橋にある大阪ビジネスパークのビル群と生駒山。

西側には中ノ島、大阪ドーム、南港。

関西人なので見慣れた風景ですが、クラブラウンジから見るとまた違いますね。

チェックイン後のアフタヌーンティー

そうこうしているうちに、アフタヌーンティーのサービスが始まりました。

最初にドリンクをオーダーして、プレートに盛り付けされたスイーツが運ばれてくる流れになります。

ナカシン
ナカシン
アルコール類も無料で注文できるよ。

スタッフの方が各スイーツについて説明してくれますが、覚えられない。

ホテルのパティシエが作ったのはやはり美味しくて、下の段は甘さも控えめで食べやすかったです。

この2段目のチョコとケーキ、そして一番上のマカロンは結構甘い。

おっさんには最後の方、きつかったです。

女性は全然いけるのではないでしょうか?

夕食前のオードブル

アフタヌーンティーの後は部屋に戻って、休憩です。

デスクにパソコンを広げて仕事をしたり、窓から見える大阪の景色をボーっと見ながら過ごしました。

で、日が暮れた18時半ぐらいに「夕食前のオードブル」を食べに再びラウンジへ。

各テーブルにはキャンドルが置かれていて、昼間とは雰囲気が一変。

でも、相変わらずお客さんは少なくて、私のあとに2組やってきたぐらいです。

バーカウンターもありますが、誰もおらず。

クラブラウンジから見る北新地の夜景も格別だな~!!

通常であればビュッフェ形式なのですが、緊急事態宣言中ということもあって「夕食前のオードブル」はプレートでの提供でした。

ただ、昼にデザートを食べすぎたこともあって、これでも多いぐらい。

しかもまたケーキ!!

さらに、オードブルを食べた後に食後のデザートとしてチョコレートも出てきました。

フードプレゼンテーションが5回開催されるときの、ナイトキャップで提供されるメニューだと思います。

ビュッフェ形式ではないとはいえ、私は「夕食前のオードブル」でお腹一杯になりこの後、食事は不要でした。

どれも美味しいですが、甘いのが多いためダイエット中の人は注意してください。

スプレンディードでの朝食

さて、翌朝の朝食はクラブラウンジではなく1階のレストランで。

朝食も通常であれば、クラブフロアの宿泊客はラウンジのビュッフェですが、現在はプレートでの提供です。

6:30~10:30までということなので、8時に行きました。

朝食の時間帯も静かで、お客さんは5組程度。

そりゃこの客入りじゃあビュッフェはできないわな~。

店内の内装はイタリア、トスカーナ地方の別荘をイメージした作りのようです。

イタリア料理店なのに、なぜかメニューは「アメリカンブレックファースト」か「和食」の二者択一で私は和食をチョイス。

スプレンディードの和朝食メニュー
  • 赤紫蘇ジュース
  • 焼き魚 だし巻き卵
  • 副菜三種 温豆腐
  • 鮪 黒豆納豆
  • ご飯 味噌汁 海苔 香の物

食べた感想は普通でした。

旅館で出てくる朝食と同じぐらい。

食後に紅茶を頂きました。

クラブフロア特典の一つに「ウェイクアップコールとともに、コーヒーか紅茶のサービス」というのがあります。

でも、私はウェイクアップコールを依頼しなかったので、コーヒーも紅茶もなし。

その埋め合わせが、食後のサービスなのかも知れませんね。

昼の軽食

続いて、最後のフードプレゼンテーションお昼の軽食です。

11:00~13:00の間にクラブラウンジ頂けるとのことで、ちょうど正午に向かいました。

昼に出てきたのはこれだけ!!

右は焼きそば、中央は香港や台湾で食べた記憶がある蝦餃(ハーガオ)という、海老蒸し餃子だと思います。

あと、左のは何かわからないですが、デザートですね。

ホントに軽食で、昼は物足りなかったなあ。

チェックイン後のアフタヌーンティー(2回目)

参加できるフードプレゼンテーションは合計4回です。

しかし、SPGアメックスカードを持っているゴールド会員は、15時にレイトチェックアウトすることが可能。

ナカシン
ナカシン
つまり2日目もアフタヌーンティーを頂けるんですよ!!

クラブラウンジには15時にチェックアウトしてから、30分間滞在することができます。

なので、2回目のアフタヌーンティーを頂きながら、テーブルでチェックアウトし、精算するといいでしょう。

ただ、スイーツのメニューは前日と全く同じでした。

SPGアメックス非会員は「ザ・リッツ・カールトン大阪」を楽天トラベルで予約すると「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!!

ホテル内の施設とグルメショップ

ザ・リッツ・カールトン大阪にはプールとジム、ショップなどの館内施設があります。

現在、6階にあるプールとフィットネスクラブは新型コロナウイルス感染症予防の観点で、人数制限をしての営業とのこと。

1階のグルメショップや各レストランも営業時間が変更されていました。

スパ&フィットネスセンター

6階のスパ&フィットネスセンターは宿泊客なら無料で利用できます。

スポーツジム並みにさまざまなトレーニングマシーンが揃っていて、中年の男性2人が筋トレをしてました。

個人的にはホテルまで来て、トレーニングする気にはならないなあ~。

右奥の階段を上って進むと、室内プールがあります。

バスやサウナも完備しているので、トレーニングで汗をかいても安心ですね。

グルメショップ

1階にはレストランやラウンジの他にグルメショップも併設されています。

SPGアメックスカードを所有すると、マリオットボンヴォイのゴールド会員になれるので、宿泊時に特典が貰えることがあります。

ザ・リッツ・カールトン大阪では、

  • スプレンディードでの朝食を一滞在につき2人分30%OFF
  • オーナーバーで一滞在につき2,000円分のサービス
  • グルメショップで一滞在につき2,000円分のサービス
  • ルームサービスで一滞在につき2,000円分のサービス
  • ESPAスパトリートメントの15分延長の優待

これら5つの中から選ぶことができました。

クラブフロアに宿泊すると、スプレンディードでの朝食は無料で提供されます。

ナカシン
ナカシン
他の4つから選ぶなら、グルメショップで2,000円分利用するのが最もお得!!

グルメショップではスイーツ、パン、チョコレート、ジャム、ワインなどが販売されています。

その中で、パンコーナーはリーズナブルでおすすめです。

瓶詰の商品はそれなりの値段で、ちょっと手が出せませんでした。

結局、クロワッサンとパン、フィナンシェ、それとチョコレートを購入。

これだけでも、合計金額は3,000円近くになりましたので、やはりホテルのショップという感じですね。

ザ・リッツ・カールトン大阪のクラブフロア滞在記!!朝食・ラウンジ・アフタヌーンティーは?:最後に

以上、ザ・リッツ・カールトン大阪のクラブフロア滞在記でした。

新型コロナウイルス感染症予防の影響で、サービスの一部変更はありましたが私には初めてのリッツカールトン滞在です。

正直、通常のサービスとは異なるため、評価は難しいですね。

有意義な滞在で楽しめたのは確かですが、期待を上回るほどだったのかと言うと微妙なところです。

今回、SPGアメックスの無料宿泊特典を利用したことで、クラブフロアの31,625円の支払いのみで宿泊することができました。

これがなければ、1泊80,000円以上はしたでしょう。

ナカシン
ナカシン
80,000円出してクラブフロアに滞在する価値はあるのかと聞かれたら、Noと答えますね。

クラブフロアの31,6251円なら、プレート提供の食事でも価値はあると思います。

なので、ザ・リッツ・カールトン大阪に宿泊を考えている人は、無料特典+クラブフロアアップグレードをおすすめ致します。